スポンサーリンク
暮らし

2020年の夏休みどのくらい?コロナで短縮は確実!?既に決定した自治体の夏休み期間まとめ

2020年夏休みの期間は どのくらい? コロナ休校でほぼゼロ? すでに決定している 自治体の夏休み期間まとめ (2) 暮らし

新型コロナウィルスの影響で2020年の夏休みは今まではとはガラリと変わりそうな気配です。

というのも学校再開が5月や6月から始まっている(始まる)ところがほとんどのため

授業日数が圧倒的に足りない。

その穴埋めは夏休みの日数を減らしたり土曜日に補講を行うなどして対応するしかない

とも言われています。

が。

まさか猛暑の中で夏休みゼロなんてことはないだろうし

実際のところいつからいつまで、どのくらいの期間夏休みとなるのか

気になります。

ここでは

すでに2020年夏休みの日程を決めている自治体を参考に

  • 何日間、いつからいつまで夏休みとなる予定なのか
  • 短縮する夏休みについてネットの反応

をまとめていきたと思います

スポンサーリンク

小学校の夏休み2020!期間はいつからいつまで?日数は減らされる?

コロナウィルスで休校。授業日数不足はどうする?

新型コロナの影響で臨時休校が長期化しており

不足する子供たちの授業時数をどう補充していくかが問題になっていますね。

【授業時数が足りなくても大丈夫なのか?】文部科学省によると、授業時数の不足は法令上問題ないとのこと。学年の修了や卒業の認定も法令上は問題なく、常日頃の成績を総合的にみて判断されます。

法令上は問題ないとしても、子供たちの学ぶ権利を考えると不足したままというわけにはいきません。

文部科学省は不足している学習を取り戻せるようにと

学習内容の一部は次年度以降に繰り越すことを特例で認める方針を決定しています。

つまり1年生で学ぶはずだった内容を2年生や3年生で学習するということだよね。

慌てて学習して詰め込むよりも、子供たちにとってはいいと思う

ただ最終学年の6年生や中学3年生は繰り越すことが難しいため、優先的に分散登校など行い学習を終えられるよう配慮が必要とのことです。

ただ、

授業日数の不足分をどう補っていくかは各自治体で対応が異なり

まだ詳細が明らかになっていない地域も多々あります。

でも本来1ヶ月ほどある夏休みが短縮傾向になるというようには言われていますね。

ではすでに夏休み期間の短縮を決定している自治体をみていきましょう。

何日間、いつからいつまで夏休みとしているのでしょうか。

北九州市:夏休み11日間/2学期制導入

北九州市は、市内の小中学校と特別支援学校は今年度に限って2学期制を導入することを決定しています。

すでに2学期制導入している自治体も複数ありますが、2学期制導入でどう変わるのか?

  • 4月1日~10月16日までが前期
  • 10月17日~3月末までが後期

となります。

判断となった要因や狙いは

  • 本来夏休みまでが1学期だったが、評価をすることが難しい
  • 少ない授業時間を効率的に使いたい
  • 定期テスト・通知表記入の回数を減らして教員負担を軽減

夏休みや冬休みの期間も決定しており

夏休み:8月6日~16日【11日間】

冬休み:12月26日~1月4日【10日間】

夏休みがまるまるなくなるわけでないですがぐっと短縮されましたね。

愛知県:夏休み16日間

愛知の江南市も小中学校の夏休み短縮を発表しています。

夏休みは

8月8日~8月23日【16日間】

約2週間強のお休みです。

子供たちの気持ち、そして真夏の暑さを考えれば、最低限このくらいのお休み期間は欲しいところだなぁと個人的には思います。

兵庫県:明石市/夏休み9日間・加古川市/夏休み16日間

明石市や加古川市も授業計画を立てやすくするため、そして子供や保護者が見通しをもてるようにと早めに夏休み期間を決定しています。

【明石市】
夏休み:8月8日~8月16日【9日間】

【加古川市】

夏休み:8月1日~8月16日【16日間】

同じ県でも地域によって夏休みの日数は結構違ってくる様子。。

東京都:江戸川区/夏休み17日間・目黒区/24日間

感染者が多い東京都でも夏休みの短縮が自治体ごとに決定されているようです。

【江戸川区】
8月8日~8月24日【目黒区】
8月1日~8月24日

埼玉県さいたま市:夏休み16日間

さいたま市では夏休みの短縮にプラスして感染状況をみながら土曜日などにも授業を行う方針とのことです。

8月1日~16日まで

千葉県千葉市:夏休み16日間

8月8日~8月23日

千葉市はこのほか土曜日登校の実施など様々な対応の検討がされてるとのことです。

 

ここでご紹介している以外のも

ほとんどの自治体で夏休みの短縮が検討されている模様です。

すでに決定している自治体の夏休み期間を参考に考えると

2020年の夏休み期間は全国的に

  • 8月上旬~お盆明け(もしくは20日前後)
  • 約2週間程度

となるのではないでしょうか。

それでも足りない分は

  • 土曜日登校
  • 冬休みの短縮

といった対応で補うようになるかもしれません。

スポンサーリンク

夏休みの日数が少なくなる…親や子供の反応は?SNSまとめ

コロナによる休校期間中はどこにも遊びに行けず、公園でも思いっきり遊べていない子供たち。

そんな中で夏休みが短縮されてしまうのは、残念ですよね。

また、詰込み教育になってしまって、子供たちが疲れてしまうという懸念や

猛暑の時期に登校して熱中症対策はしっかり行えるのかといった声も

挙がっていました。

宮城県の仙台市の小学校は、ちょうど今年クーラーが完備されるようになり、クーラーの効いた教室で授業を受けられますが

クーラーのない学校で、35度も上回る日もある近年の夏休みに教室で勉強は果たしてできうのか…

もし夏休み返上で授業を行うのではればクーラーは必須ではないでしょうか。

スポンサーリンク

夏休み2020!コロナの影響で日数が激減の夏休みになりそう

萩生田文部科学相は

「2倍速、3倍速で授業を進めたり、夏休みをほとんどなくしたり、土曜日をフルで使ったりして詰め込むことで(授業時数の)数字の積み上げだけを目指すのではなく、様々な行事なども含めた子どもたちの学びを考えていただくことが大事だ」

と話しています。

この通り、数字の積み上げだけでなく子供たちの負担と、そして本来学校で経験できる学びの楽しさも考えたうえで

柔軟に対応してほしいなと感じます。

そして今年も猛暑の予感・・・!クーラーを設置していない学校ではどう対応していくのか。も大きな課題ですよね。

スポンサーリンク
ニコをフォローする
毎日のあれこれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました