PCR検査キットの自販機がある場所はどこ?(地図付き)利用した人の口コミは?

PCR検査キット 自動販売機 場所どこ 検査の流れ 口コミは 話題&新商品

PCR検査キットが、自動販売機で販売されているというニュースを見ました。

これまで、ネット通販サイトでPCR検査キットを購入し、自宅で自分で検査するというやり方のキットはありましたが、

自動販売機で購入し自分でPCR検査ができるというキットは、全国初。

  • 保健所を通してPCR検査をするまでのハードルが高い
  • 風邪だと思うけど、念のため検査したい
  • 濃厚接触者ではないけど、身近に感染した人がいるので念のため検査したい

といった『保健所によるPCR検査を受けれる対象にない人』でも不安を抱えている人は多いと思われます。

なので、自動販売機という形でPCR検査キットが普及するのは、感染を広げないため、大切な人を守るためには、とても有効なのではないでしょうか。

すでにアメリカでも、自動販売機のPCR検査キットは設置されています。


気になるのが、

  • 全国で初となった自動販売機の設置場所
  • 価格
  • 検査→結果までの流れ

ですね。

今回は、PCR検査キットの自動販売機の気になることをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

PCR検査キットの自動販売機はどこにある?設置場所の地図付き

全国初のPCR検査キットが設置されている場所は今現在(1月20日)、東京都内に2カ所、神奈川県横浜市内に1カ所あります。

地図付きでご紹介していきますね。

PCR検査キット自動販売機①品川区、ラ・ゴリコビル前

住所:東京都品川区大崎5-4-19

PCR検査キット自動販売機②台東区、浄名院前

住所:台東区上野桜木2-6-4

PCR検査キット自動販売機③横浜市、大船駅前ビル

住所:横浜市栄区笠間1-1-1 大船駅前ビル

PCR検査キットの自動販売機。1回の費用はいくら?

1セット3500円で購入できます。

自販機で購入できるため、予約やネット注文する手間が省けるのはいいですよね。

PCR検査キットの自動販売機。検査から結果までの流れ。利用方法

PCR検査キットの検査の流れは次の通り。自分でも簡単にできる検査となっています。

①自動販売機でキットを購入②キットに入っていtる容器に唾液を入れる

③付属の生理食塩水を唾液の入った容器に入れる

④付属のスポイトで、唾液と生理食塩水が混ざったものを吸いとり、筒状容器に移し替え、ふたをしっかりしめる。

⑤返信用封筒に④の検体容器と問診票を入れてポストへ投函

⑥検査結果は、メールにてお知らせ。メールに記載のURLより結果を確認。

検査をする医院へ郵送されたのち24時間以内に検査結果がでるとしていて、ポストに投函さえすれば、その後は迅速に検査結果を知ることができるます。

また、陽性だった場合は、医師が直接本人へ連絡してくれるそうです。

保健所との連携もできており、陽性だった場合は、保健所への届出もされるので、再びPCR検査を受ける必要はないそうです。

しっかりと検査~結果の仕組みができているので、安心して受けれるPCR検査キットではないでしょうか。

こちらの病院が自動販売機のPCR検査を対応しています。

レイクタウンたけのこ耳鼻咽頭科

PCR検査キットの自動販売機。口コミは?

まだ使用した口コミは、みつけられませんでしたが・・

結構売れているとの情報がありますね。

今すぐ使わなくても、今後いざというときのために・・・と購入する人もいそうですよね。

また新たな口コミがありましたら、追記したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました