\楽天市場で今売れている家電ランキングはココから/

COSORIとレコルトノンフライヤーの違いを比較!

キッチン家電
キッチン家電

油を使わず揚げ物風調理ができるノンフライヤー。その中でもCOSORIのエアオーブンとレコルトノンフライヤーは、楽天市場のランキングでも上位に入る人気商品です。

価格帯も似ているため、『どっちを購入すべきか?』悩む!という場合も。

ここでは、COSORIのエアオーブンと、レコルトノンフライヤーの違いを徹底比較!

機能やスペック面での違い

COSORIエアオーブンがオススメの人

レコルトノンフライヤーがオススメの人

についてまとめています。

ノンフライヤーを買うなら、COSORIとレコルトどっち!?

と迷う方はぜひ参考にしてくださいね^^

▼COSORIエアオーブン

▼レコルトノンフライヤー

COSORIとレコルトノンフライヤーの違いを比較!

さっそく、COSORIとレコルトノンフライヤーの違いをチェックしていきましょう。

COSORIとレコルトの大きな違いは次の6点です。

COSORI・レコルトの違い
  1. サイズ・重さ
  2. 容量
  3. 操作方法
  4. 自動調理機能の有無
  5. 材質
  6. その他の機能、特長

1つ1つ説明していきます。

違い①サイズ・重さ

サイズ(㎝)重さ
COSORI幅34 x奥行27 x 高さ31約4.6㎏
レコルト 幅21.2 × 奥行27.0 × 高さ26.6 約3.1㎏

奥行きは同じですが、幅と高さはレコルトのほうが一回り小さくA4サイズとコンパクトです。

COSORIは一升の炊飯器と同じくらいの大きさになります。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

コンパクトな方に惹かれるかもしれないけど、この2つは容量も違うので、そちらもしっかりチェックしよう!

違い②容量

  • 「COSORI」…3.5L
  • 「レコルト」…約2.8L

COSORIのほうが、サイズが大きい分、たくさん入ります。

実際何人家族に適しているか?というと

COSORIが大人1〜4人分

レコルトは大人1〜2人分

と考えるといいでしょう。

まず、この容量の時点でどっちを買うべきか?決まる人も多いと思います。

お子さんのいるご家庭で、たくさんフライドポテトを作りたい!となれば、1度にたっぷり作れるCOSORIが便利ですし、

そんなに頻繁に使わないので、コンパクト優先にしよう、という考えもありますね。

違い③操作方法

  • 「COSORI」…タッチパネル
  • 「レコルト」… ダイヤル式

COSORIはタッチパネル式で本体に凹凸が無く、掃除がしやすいです。


レコルトはダイヤル式で操作がとっても簡単です!温度と使用時間の設定だけなので、機械が苦手な方でもすぐに使いこなせる仕様になっています。


ぽーちゃん
ぽーちゃん

見た目的には、COSORIノンフライヤーの方が、凹凸がない分シンプルでスッキリした感じだね。

違い④自動調理機能の有無

  • 「COSORI」…あり(11種類)
  • 「レコルト」… なし

この自動調理機能とは、レシピを設定すれば勝手に時間や温度設定を合わせて作ってくれる便利機能です!

これが、【ついている・ついていない】は、結構大きい違いです。

レコルトは自動調理機能が無く、温度と使用時間を毎回設定して使います。

それに対し、COSORIはワンタッチボタンのメニューがあり、ボタンを押すと自動で調理してくれます。


自動調理のレシピは11種類搭載。

  1. ステーキ
  2. 鶏肉
  3. 魚介類
  4. エビ
  5. ベーコン
  6. 冷凍食品
  7. ポテトフライ
  8. 野菜
  9. パン
  10. デザート

など作る場合は、手動で設定せず、ボタンを1つ押すだけなのでとっても手軽ですね。

2児の母
2児の母

朝のお弁当作りに、冷凍食品を仕上げる時にも便利ですね!

▼COSORIエアオーブン

▼レコルトノンフライヤー

違い⑤材質

  • 「COSORI」…ABS+ステンレス
  • 「レコルト」… 本体:PP 内アミ:スチール・シリコン

レコルトは「オモチャみたい」との口コミも一部ですがありました。

逆に、『レトロで可愛い!』という声もあるので、これはもはや好みの問題ですね。

見た目に高級感があるのは、COSORIの方だなと個人的には思います。


違い⑥その他の機能、特長

  • 「COSORI」…自動電源オフ機能、2年間保証付き
  • 「レコルト」… オプションが付けられる

COSORIノンフライヤーはバスケットを取り外すと自動停止し、戻すと自動的に調理再開します。

また、2年間の保証付きで不具合が起きた場合、無償で交換・返品できます。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

自動停止機能がついているので、安心感があるね!2年の保証もスゴイね。

一方で

レコルトノンフライヤーは2つのオプションで使用用途が広がります(別途購入必要)

①2ウェイラック(串付き)


②インナーポット


また、より使い込むための専用レシピも販売されていますよ^^

ノンフライヤーを思いっきり使い込みたい!という人にとっては、こういったオプションやレシピ本は嬉しいですね。

COSORIとレコルトノンフライヤーの比較一覧表

違いを表でもまとめました!じっくり比較すると、

消費電力や温度設定時間も異なりますが、わずかな差のため違いの比較はしておりません。

COSORIエアオーブン

レコルトノンフライヤー

サイズ(㎝)


重さ

幅34×奥行27×高さ31


約4.6㎏

幅21.2×奥行27.0×高さ26.6


約3.1㎏

容量

3.5L

約2.8L

操作方法

タッチパネル

ダイヤル

自動調理機能

あり(11種類のメニュー)

なし

材質

ABS+ステンレス

本体:PP


内アミ:スチール・シリコン

その他の機能

自動電源オフ機能、2年間保証つき

別途オプション(購入必要)

消費電力

1230W

1200W

温度調節範囲

77~205℃

80~200℃

カラー

ホワイト、ブラック

レッド、クリームホワイト

容量や、自動調理機能の有無がどちらを選ぶか?の大きなポイントになりそうですね。

フライヤーとしてのスペックは、設定温度・消費電力にほぼ差がないので

大きな違いはありません。

▼COSORIエアオーブン

▼レコルトノンフライヤー

COSORIとレコルトノンフライヤーの口コミや評判はどう違う?比較

続いて、気になる口コミや評判の違いも見ていきましょう!

COSORI・レコルトそれぞれの良い口コミはもちろん、悪い口コミについてもピックアップしているので、要チェックです。

COSORIノンフライヤーの口コミ

まずはCOSORIノンフライヤーから行きましょう!

悪い口コミ

  • 音が大きい
  • サイズが大きい
  • 揚げ物はオイルコーティングしたほうがより美味しくなる

操作音が大きい!という口コミがチラホラ。

またより揚げ物感をしっかりだすためには、オイルコーティングをしたほうが美味しいという声もありました。

↓Twitterでの口コミも

良い口コミ

  • かっこいい、おしゃれ
  • オーブンでするよりも早くカリッとなる
  • 美味しく仕上がる
  • 時短に繋がる
  • 飛び散らないし、片付けも楽
  • クッキングシートも使える

見た目が好み!という声もありますが、

ノンフライヤーなのにちゃんと美味しく仕上がると、ノンフライヤーとして満足度も高いです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

焼き芋まで作れてしまう!実は、揚げ物以外で使っているという人も多いです。

▼COSORIエアオーブン

レコルトノンフライヤーの口コミ


続いてレコルトノンフライヤーです。

悪い口コミ

  • 引き出しがキツい
  • 容量が少ない(容量2.8L)
  • コンセントに挿しっぱなしが出来ない(電源ボタンがない)
  • コードが短い

容量は、少ない…と感じる人がいるようです。

また、電源オンオフするボタンがないので、使用するたびにコンセントに挿す手間が発生します。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

たまにならいいけど、頻繁に使うと考えると、コンセントの抜き差しは面倒かもしれないね。

そして確かに、電源コードは短めの105㎝。コンセントの近くに設置できるか?も予め考えておくと安心ですね。

良い口コミ

  • 油で揚げたものとはちょっと違うが、美味しい
  • 油を使わないのが楽
  • 洗い物が少なく楽
  • コンパクト
  • レトロな感じで可愛らしい
  • ちょっとだけ食べたい時に、すぐ使える

メリットに関しては、COSORIとそれほど大きく変わらないかな?という印象。

見た目やコンパクトで魅力に感じる人も多いです。

ノンフライヤーは基本的にちゃんと油で揚げた揚げ物】とは、ちょっと違います。

↑油を使っていないので、そこは仕方ない部分です。

それでも、上記写真のようにカリとジューシーさのある仕上がりになっているのはすごいですよね!

物足りない~と感じる人は『オイルスプレーを』を併用して使うのもオススメです。

▼レコルトノンフライヤー

COSORIとレコルトノンフライヤ―どっちがオススメ?まとめ

では、結局どっちがおすすめなの~という方へ。

それぞれの口コミや特長を踏まえて、どちらがオススメか?まとめていきますね。

COSORIノンフライヤーがオススメな人


『COSORI』は、容量3.5Lと大人1〜4人分は作れるので確かに大きく、場所を取りそうです。

そのため、3人以上の家族向けで、育ち盛りのお子さんがいる家庭にオススメです。

2児の母
2児の母

ポテトや唐揚げを作ったらもう兄弟で奪い合いですからね。一度にたくさん作れた方が結局はお母さんの手間も省けます。

また、

  • いちいち温度調整するのがメンドクサイ(自動調理にお任せ!)
  • 2年の保証は安心感がある
  • 自動停止機能がついて安心

というところに魅力を感じる人にもオススメです。

COSORIのメリット&デメリット

【メリット】

  • ワンタッチパネルで楽
  • 本体(操作部分)に凹凸がなく、掃除が楽
  • 近未来的なデザイン

【デメリット】

  • 音が大きめ
  • サイズが大きい

▼COSORIエアオーブン

レコルトノンフライヤーがオススメの人


『レコルト』は、A4サイズとコンパクトな分、一度にたくさんは作れません。大人1~2人分です。

おつまみなどのちょっとした一品や、お弁当作り、2人暮らしの方など、少量作りたいという方にオススメです。

また、

  • 置き場所スペースがそれほどない
  • お弁当作りを時短したい

という人にもオススメです。

レコルトのメリット&デメリット

【メリット】

  • コンパクト
  • 操作が簡単
  • レトロなデザインで可愛らしい

【デメリット】

  • コンセントの抜き差しが必要
  • 電源コードの長さが短い(105㎝)
  • 大人数、大量に作る場合には不向き

▼レコルトノンフライヤー

最後に共通のメリット・デメリットとして下記があげられます↓

【共通のメリット】

  • 揚げ物が手軽に調理
  • ヘルシーで健康的
  • 後片付けが楽
  • フライパン、オーブンとしても使える
  • 時間が経った揚げ物も出来たてのように温められる
  • ほったらかしできて時短に繋がる

【共通のデメリット】

  • 油で揚げたものと完全に同じにはならない
  • 調理音あり

これらは

「COSORI」と「レコルト」に限らず、他のノンフライヤーでも共通する箇所も多いと思います。

ヘルシーな揚げ物が手軽にでき、片付けも簡単なのは嬉しいですよね(*^^*)

ノンフライヤーの一番の特長でもあります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました