\楽天市場で今売れている家電ランキングはココから/

NI-FS580とNI-FS780の違いを比較!パナソニックスチーマー

NI-FS580とNI-FS780の違いを比較!パナソニック衣類スチーマー! 生活家電
生活家電

衣類スチーマーで人気のパナソニックから、2022年3月発売のNI-FS580とNI-FS780。

パナソニックの2way衣類スチーマーは、軽量でコンパクト、また立ち上がりもスピーディで使い勝手のよさが人気です。

プレス兼用の新モデル、「NI-FS580」「NI-FS780」は、従来の機能に加えハンドル部も抗菌加工が施され、さらに軽く使いやすくなりましたよ。

今回は、見た目もスタイリッシュでおしゃれなパナソニックの新モデル「NI-FS580」と「NI-FS780」の違いを徹底比較していきますね。

最初に、大きな違いをお伝えすると…

この2つです!

  • スチーム給水タンク容量の違い
  • 連続スチーム可能時間

スペックが上なのは、価格も若干高めの『NI-FS780』ですね♪

詳しく見ていきましょう~!

▼NI-FS580(少量のスチームがけならこちら)

NI-FS780(複数枚いっきにスチーム!&幅広く使いたいならこちら!)

NI-FS580とNI-FS780の違いを比較!パナソニック衣類スチーマー

パナソニック衣類スチーマーNI-FS580とNI-FS780

の違う点は5点です。

NI-FS580とNI-FS780の違い
  1. カラー展開・サイズ・重さ
  2. スチームの持続時間
  3. タンク容量
  4. スチームモードのパワー
  5. 温度調節機能の有無

比較してみると、それなりに違いがあるので

どちらがあなたにピッタリかがわかると思いますよ^^

説明していきますね。

違い①カラー展開・サイズ・重さ

NI-FS580NI-FS780
カラー・グレイッシュネイビー
・ベージュ
・カームグレー
・アイボリー
サイズ(㎝)【本体】
幅7×高さ15×長さ15
【スタンド収納時】
幅9×高さ16.5×長さ17
【本体】
幅8×高さ13×長さ16.5
【スタンド収納時】
幅9×高さ15×長さ17.5
重さ約680g約690g

カラーはNI-580、NI-FS780共に2色ずつで、パナソニックらしいおしゃれなニュアンスカラーを展開しています。

▶NI-580

・ベージュ


・グレイッシュネイビー


NI-FS780

・アイボリー


・カームグレー


ぽーちゃん
ぽーちゃん

なんとなく、カラー展開は似てるよね。

サイズは、NI-FS780の方が奥行きの幅が+1㎝、横の長さが+1.5㎝長く

高さは、ハンドル部に丸みのあるNI-FS580の方が2㎝高くなります。

NI-FS780は、本体の高さを抑え持ち手と重心の位置を近くすることで、より腕の負担を少なくできる低重心設計になっています。

本体の重さとしては10gの違いで、どちらも軽く非常にコンパクトです。

違い②スチームの持続時間

スチームの持続時間】

  • NI-FS580 連続約4分
  • NI-FS780 連続約10分

NI-FS580は連続4分、

NI-FS780はタンク容量が大きい分、持続時間が長く10分の連続スチームが可能です。

まとめて数枚の衣類にスチームをかけたい!という方は、

NI-FS780の方が使いやすそうですね。

2児の母
2児の母

私も別なスチーマー持っていますが,

5枚くらいまとめてワイシャツにスチームかけるので、途中で水の補充が必要^^;

この回数が頻繁だとプチストレスです^^;

違い③タンク容量

タンク容量】

  • NI-FS580 約50mL
  • NI-FS780 約115mL
ぽーちゃん
ぽーちゃん

倍以上違うよ~!ここは結構大きい違いポイント!

このタンク容量が多い分、NI-FS780は連続スチーム可能時間も長いのです。

複数枚の衣類のシワ取りや、ニオイの脱臭、除菌にも、1度の給水でたっぷりと使えます。

衣類をまとめてスチームがけする!という方はNI-FS780

の方がストレスなく使えそうです。

違い④スチームモードのパワー

【スチームモードのパワー】

  • NI-FS580 スチーム量 最大13g/分  瞬間3倍パワフルスチーム
  • NI-FS780 スチーム量 最大14g/分  瞬間4倍パワフルスチーム

スチームボタンを押し続けスタンバイ完了のランプが点灯したら、

ボタンを2度押すだけで「瞬間パワフルスチーム噴射」が可能です。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

パワフルスチームモードを瞬間的に強力に噴射するよ。

NI-FS580はパワフルスチームの3倍、

NI-FS780はパワフルスチームの4倍のスチーム(温度設定は高温時)が噴射します。

がんこなシワやニオイなど衣類の消臭や除菌に、

またソファーカバーやカーテンなど小まめに洗えないインテリアのお手入れに

便利な機能です。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

この瞬間的なスチームの威力もNI-FS780の方が優れてるね。

違い⑤温度調節機能の有無

【温度調節機能の有無】

  • NI-FS580:なし
  • NI-FS780:3段階温度調節(高・中・低)

NI-FS780にだけ3段階の温度調節機能がついています。

さらに詳しく説明すると、

スチーム機能は高温・中温のみ、

ドライアイロンは高温・中温・低温の3段階から設定できます。

▼NI-FS580(少量のスチームがけならこちら)

NI-FS780(複数枚いっきにスチーム!&幅広く使いたいならこちら!)

NI-FS580パナソニック衣類スチーマーがオススメな人


NI-FS580の衣類スチーマーは、ささっと、その都度出勤前にスチーマーをかけたり等

都度使いする方にオススメです。

ひとり暮らしや、単身赴任中の方も、アイロンをかけるよりも手軽にワイシャツがピン!とできて手軽ですね。

メリットデメリットを挙げると、以下の通りです。

メリット

  • 給水しても軽くてコンパクト
  • 1~2枚サッとケアするには手軽で使いやすい

デメリット

  • タンク量が少ないので、衣類など複数枚まとめてケアするには給水が手間
  • スチームの持続時間が4分と限られる(給水が必要)

通常のアイロンを持っている人で、2台目として使い分けたい!

という人にもピッタリですね^^

NI-FS780パナソニック衣類スチーマーがオススメな人


NI-FS780は、スチーム容量が大きく、連続スチーム時間も長めなので衣類など複数枚をまとめてケアしたい人、なるべく給水頻度の少ない方を選びたい人にピッタリですね。

私も週末に5枚まとめて夫のワイシャツをスチーム(別メーカー)しているんですが、

3回位給水しています^^;

これがそれなりにメンドクサイので、スチーム容量が大きいというのは、複数枚する人にとってはめちゃくちゃありがたいポイントだと思います。

メリット

  • 数枚の衣類をまとめてケアできる
  • 1度の給水で長く使えるので水を継ぎ足す手間が省ける
  • 温度調節ができるので、衣類などスチームする素材に合わせて使える

デメリット

  • NI-FS580に比べると少し重さがある(特にタンク満水時)

NI-FS780は、普段洗いにくい物のお手入れなどにも使える万能スチーマーです。

幅広く使いたい!という人にもオススメです。

NI-FS580とNI-FS780は、レンタルでお試しできる?

衣類スチーマーを使ったことがない方(アイロン台で行うアイロンしか使ったことない方)は、

衣類スチーマーでどこでシャツがピンとなるのか?

使い勝手は本当にいいのか?

試してみたい!という方もいるでしょう。

決して安い価格ではないですし、まずはお試しレンタルしてみる、というのもひとつですよ。

型番が旧型ですが、パナソニック衣類スチーマーがレンタルできるのはこちらです↓

>>家具・家電レンタル「CLAS」

家具・家電レンタル「CLAS」』を利用してパナソニック衣類スチーマーをレンタルした場合

  • 送料無料
  • レンタル料金:月1650円から~

です。※2022年6月時点の料金です。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ただし、利用可能地域は限られてるよ。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府で利用できるサービスだよ。

まずは、お試しで安く試してみると、

失敗なくお買い物ができますね。

うまくこういった家電レンタルサービスを活用してみるのも手です◎

パナソニック衣類スチーマーを格安レンタルはこちらから↓

>>家具家電のサブスクリプションサービス「CLAS」

NI-FS580とNI-FS780の違いを比較まとめ!パナソニックスチーマー

パナソニックのNI-FS580とNI-FS780は、旧モデル以上の軽量化を実現した高機能な衣類スチーマーです。

他メーカーと比べても立ち上がりが19秒と圧倒的に早く、お出かけ前の忙しい時間でもストレスなく手軽に使えそうですね♪


また、360℃どの角度に回しても安定したスチームが出続けるので、ストレスのないスピーディなケアが可能です。

シワを伸ばすだけでなく

加齢臭やたばこ臭といったニオイの脱臭にも使えるのもいいですね!

大きな違いは、

  • タンク容量
  • スチームの持続時間

なので、使う頻度やタイミングなどを考慮して、ぜひ合ったものを選んでくださいね。

▼NI-FS580(少量のスチームがけならこちら)

NI-FS780(複数枚いっきにスチーム!&幅広く使いたいならこちら!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました