楽天お買い物マラソン!参加エントリはこちら

KI-NX75とKI-RX75の違いを比較!どっちがオススメ?加湿空気清浄機

KI-NX75とKI-RX75の違いを比較!どっちがおすすめ? 生活家電
生活家電

人気のプラズマクラスター搭載機種・シャープの加湿空気清浄機、KI-NX75とKI-RX75って一体どこが違うの?

この記事では2機種の違いについて徹底リサーチ!

結論から言うと、KI-NX75とKI-RX75の違いはこちらの6点。

2機種の違いはこちら♪
  1. 発売年月(KI-RX75の方が最新)
  2. 搭載プラズマクラスターのレベル(KI-RX75の方が高い)
  3. 最大加湿容量&給水タンク容量(差は少し)
  4. サイズ&重さ(差は少し)
  5. モニター表示の内容
  6. 価格(KI-NX75の方が安い)

性能としては、プラズマクラスターのレベルが高いKI-RX75の方が性能は高いです。

が、加湿能力や適性畳数に関してはそこまで大きな違いはありません。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

価格の安さでいうと、
断然KI-NX75だけどね。

KI-NX75とKI-RX75、はどちらとも『加湿機能を搭載している』空気清浄機ですが、

何が違うのか?ちらを買うべきか悩んでいる方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

▼シャープ空気清浄機【KI-NX75】の詳細はこちら

>>KI-NX75の口コミ評判のレビュー、電気代はこちらの記事をクリック

▼シャープ空気清浄機【KI-RX75】の詳細はこちら

>>KI-RX75の口コミ評判、電気代はこちらの記事をクリック

KI-NX75とKI-RX75の違いを比較

改めて、KI-NX75とKI-RX752機種の違いは、こちらの6点です。

2機種の違いはこちら♪
  1. 発売年月(KI-RX75の方が最新)
  2. 搭載プラズマクラスターのレベル(KI-RX75の方が高い)
  3. 最大加湿容量&給水タンク容量(差は少し)
  4. サイズ&重さ(差は少し)
  5. モニター表示の内容
  6. 価格(KI-NX75の方が安い)

1つ1つ見ていきましょう!

1.発売年月

KI-NX75 : 2020年9月発売

KI-RX75 : 2022年9月発売

発売年月を見ると、KI-RX75のほうが最新モデルにあたりますね。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

KI-NX75は、やや古め。だけど人気のモデルだよ

2.搭載プラズマクラスターのレベル

シャープの空気清浄機といえば『プラズマクラスター』ですね。

その搭載プラズマクラスターのレベルが異なります。

KI-NX75 : プラズマクラスター25000

KI-RX75 : プラズマクラスターNEXT

ママ
ママ

これはどう違うの?

ぽーちゃん
ぽーちゃん

結論からいうと、プラズマクラスターの効果がより強力なのは『KI-RX75』のプラズマクラスターNEXTの方だよ。

以下の図のように、プラズマクラスターのレベルによってイオン濃度が異なります。

引用元:シャープ公式サイト

プラズマクラスターのレベルが高いほど、菌やウィルスの分解、いやなにおい成分の分解・除去もパワフルです。

空気のキレイさは、目で見て確認できるものではありませんが、

このシャープ独自のプラズマクラスターにより、部屋の空気をよりキレイに保てるようパワーを発揮してくれます。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

値段は高くなるけど、よりこだわりたいという人は『KI‐RX75』がいいね

3.最大加湿容量&給水タンク容量

最大加湿容量給水タンク容量
KI-NX75最大 880mL/h約3.6L
KI-RX75最大 900mL/h約3.2L

KI-NX75もKI-RX75も、加湿機能が搭載しています。

最大加湿量は、ややKI-RX75の方が多く

給水タンクについては、ややKI-NX75の方がたっぷり容量です。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

違いといえば違いだけど、そこまで大きな差はないよ。

どちらも、しっかり加湿してくれるので、そこまで気になる差ではないかなと思います。

4.サイズ&重さ

サイズ(㎝)重さ
KI-NX75幅40×奥行35.9×高さ69.3約12㎏
KI-RX75幅39.5×奥行30.5×65約13㎏

ややKI-RX75の方がコンパクトですね。

デザインも異なるので、サイズや重さと合わせてご確認下さい。

■KI-NX75↓

■KI-RX75↓

KI-NX75の方が、丸みのあるフォルムになっています。

逆にKI-RX75は、すっきりとしたデザインで、室内に置いてもシンプルに馴染んでくれそうですね。

5.モニター表示の内容

【KI-NX75

・PM2.5濃度デジタル表示(目安)
・デジタル温度・湿度・電気代モニター
・きれいモニター

【KI-RX75】

・微小粒子
・ハウスダスト
・ニオイ
・PM2.5濃度デジタル表示(目安)
・きれいモニター
・デジタル温度・湿度・電気代

モニターに表示される項目が、KI-RX75 の方が細かいですね。

例えば、ハウスダストなどのアレルギーがあるという方は、

よりモニターで見える化しやすいKI-RX75の方が使い勝手はいいかもしれません。

6.価格

2023年1月現在、楽天市場でリサーチしたところ、

KI-NX75 : 36,800円~

KI-RX75 : 77,770円~

という結果に。

価格の違いは結構大きいですよね。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ただし、

家電は時期によって値段の変化が大きいから、

購入するときに改めてリサーチしてね!

リアルタイムの最安値はこちらからご確認ください↓

▼シャープ空気清浄機【KI-NX75】の詳細はこちら

▼シャープ空気清浄機【KI-RX75】の詳細はこちら

KI-NX75とKI-RX75の比較一覧表はこちら

KI-NX75とKI-RX75の違いを一覧表でもまとめました。

違う部分は赤文字にしています。より細かい違いを確認したい方は、チェックしてくださいね。

KI-NX74KI-RX75
発売年2020年2022年
カラー展開ホワイト
ブラウン
ホワイト
ブラウン
サイズ(㎝)幅40×奥行35.9×高さ69.3幅39.5×奥行30.5×高さ65
重さ約12㎏約13kg
フィルター・静電HEPAフィルター
・ダブル脱臭フィルター
・抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター
・静電HEPAフィルター
・ダブル脱臭フィルター
・抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター
センサーホコリ・ニオイ・温度
・湿度・照度
ホコリ・ニオイ・温度
・湿度・照度
モニター・PM2.5濃度デジタル表示(目安)
・デジタル温度・湿度・電気代モニター
・きれいモニター
・微小粒子
・ハウスダスト
・ニオイ
・PM2.5濃度デジタル表示(目安)
・きれいモニター
・デジタル温度・湿度・電気代
プラズマクラスター
適用畳数
約21畳約18畳
加湿能力最大 880mL/h最大 900mL/h
水タンク容量約3.6L約3.2L
空気清浄適用
畳数(目安)
~34畳
※加湿機能も合わせた場合
~23畳
~34畳
※加湿機能も合わせた場合
~27畳
加湿適用面積
(目安)
プレハブ洋室~24畳
木造和室~15畳
プレハブ洋室~25畳
木造和室~15畳

空気清浄機や加湿適用畳数に違いはありますが、ほぼ同じくらいなのであえて違いの部分ではご紹介しませんでした。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

新型、旧型という感じで、プラズマクラスター以外にも細かな違いはあるものの、そこまで空気清浄や加湿器の性能に大きな違いはないよ。

▼シャープ空気清浄機【KI-NX75】の詳細はこちら

>>KI-NX75の口コミ評判のレビュー、電気代はこちらの記事をクリック

▼シャープ空気清浄機【KI-RX75】の詳細はこちら

>>KI-RX75の口コミ評判、電気代はこちらの記事をクリック

KI-NX75とKI-RX75の違いを比較!どっちがオススメ?まとめ

シャープの加湿空気清浄機、KI-NX75とKI-RX75の違いについてご紹介しました!

違いはたったの3つ!

2機種の違いはこちら♪
  1. 発売年月(KI-RX75の方が最新)
  2. 搭載プラズマクラスターのレベル(KI-RX75の方が高い)
  3. 最大加湿容量&給水タンク容量(差は少し)
  4. サイズ&重さ(差は少し)
  5. モニター表示の内容
  6. 価格(KI-NX75の方が安い)

大きな違いは、『プラズマクラスターのレベル』と『価格』です。

とにかくプラズマクラスター最高峰モデルで生活環境を整えたい

という方は、新しいモデルの『KI-RX75』がオススメです。

一方で、価格を優先したいという方は、KI-NX75がいいですね。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

KI-NX75でも、プラズマクラスターレベルは、『ハイグレードモデル』です。
口コミでの満足度も高いので、価格面を考えるとコスパが良いと感じます。

この記事が、KI-NX75とKI-RX75の購入を迷われている方の参考になれば幸いです(^^)

▼シャープ空気清浄機【KI-NX75】の詳細はこちら

▼シャープ空気清浄機【KI-RX75】の詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました