\楽天市場で今売れている家電ランキングはココから/

KI-LS50とKI-LS70の違いを徹底比較!機能はどう違う?どっちがオススメ?

KI-LS70とKI-LS50の比較!機能やスペックの違いは何?どっちがオススメ? 生活家電
生活家電

シャープの加湿空気清浄機のKI-LS50とKI-LS70の違いは何?

価格が似ているのでどっちがいいか悩む…

という方へ。

ここではKI-LS50とKI-LS70のシャープ加湿空気清浄機を徹底比較しました!

結論から言うと

KI-LS50のワンランク上のタイプがKI-LS70です。

が。

気清浄機としての特長はそこまで大差はなし。

  • サイズやデザイン
  • 適応畳数
  • 電気代
  • 風量
  • 加湿力や加湿タンク容量

に差があります。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

このほかちょっとした違いもあるので、わかりやすく一覧表にしているよ~!見比べてみてね!

▼KI-LS50

▼KI-LS70

KI-LS50とKI-LS70の違いを比較!機能やスペックはどう違う?

KI-LS50とKI-LS70は、2019年10月に同時発売された空気清浄機です。

簡単に違いを言うと、

KI-LS50と比べて、KI-LS70の方がワンランク上の機種

となります。

ただ空気清浄機としての主な特長は同じです。

  • プラズマクラスター25000の搭載によるイオン効果
  • スピード循環気流
  • プラズマクラスターパワフルショット

また、スマホと接続できる専用アプリ「COCORO AIR」に繋げば、自宅をいつでも最適な空気環境に管理することができます。

2児の母
2児の母

じゃあ何が違うの?

2つの製品の違いを細かく比較すると…

  • 本体のサイズ&重量
  • 適用畳数
  • 空気清浄機の風量
  • 電気代
  • 加湿力&タンク容量
  • 運転音の大きさ

これらに差があります。

仕様スペック一覧で違いを比較

まず、表で違いをご確認ください↓

ぽーちゃん
ぽーちゃん

違いを赤文字にしてるよ~。ちょっとした差はそれなりにあるので、

真っ赤になっちゃった!

基本仕様

KI-LS50

2019年10月24日発売

KI-LS70

2019年10月24日発売

浄化方式

「プラズマクラスター25000」

空中浄化&フィルター浄化

「プラズマクラスター25000

空中浄化&フィルター浄化

プラズマクラスター


適用床面積(目安)

約13畳(約21㎡)

約19畳(約31㎡)

待機時消費電力

約0.7W

約0.7W

サイズ(㎝)

幅34.5×奥行26.2×高さ63.1

幅40×奥行33.9×高さ68.6

重さ

約8.9㎏

約11㎏

センサー

ホコリ

ニオイ

湿度

温度


照度

ホコリ

ニオイ

湿度

温度

照度

モニター

①PM2.5濃度デジタル(目安)
②きれいモニター
③電気代モニター
①PM2.5濃度デジタル(目安)
②きれいモニター

③電気代モニター

【空気清浄について 

KI-LS50

KI-LS70

清浄時間

8畳/12分

8畳/9分

空気清浄適用床面積


(目安)

~23畳(38㎡)

~31畳(51㎡)

モードの風量(㎥/分

強 5.1

中 2.0

静音 0.8

7.0

4.0

1.5

消費電力(50/60Hz)

強 64

中 10

静音 3.0

66

22

4.6

1時間あたりの電気代

強 約1.73円

中  0.27円

静音 0.08円

約1.8円

 0.59円

 0.12円

運転音(dB)

強 53

中 38

静音 15

52

43

18

【加湿空気清浄について】

KI-LS50

KI-LS70

加湿方式

気化方式

気化方式

加湿量

最大550mL/h

最大700mL/h

給水タンク容量

2.5L

3.6L

清浄時間

8畳/13分

8畳/11分

空気清浄適用床面積


(目安)

~22畳(36㎡)

~24畳(40㎡)

加湿適用床面積

 ・プレハブ洋室

 ・木造和室

~15畳(25㎡)

~9畳(15㎡)

~19畳(31㎡)

~12畳(20㎡)

風量(㎥/分)

強 4.7

中 2.7

静音 1.2

5.5

4.0

1.5

消費電力(50/60Hz)

強 53

中 23

静音 4.8

35

24

5.2

1時間あたりの電気代

強 約1.43円

中  0.62円

静音 0.13円

約0.95円

 0.65円

 0.14円

運転音(dB)

強 52

中 45

静音 24

46

43

19

加湿量(mL/h)

強 550

中 350

静音 170

700

550

250

(※シャープ公式ホームページ参照)
ぽーちゃん
ぽーちゃん

ちょっと違いが多すぎて逆に混乱してしまったらゴメンナサイ!

1つ1つ分けて比較していくね。

KI-LS50とKI-LS70の違い
  1. サイズ・デザイン
  2. 適応畳数
  3. 空気清浄
  4. 加湿力&給水タンク容量
  5. 電気代
  6. 運転音の大きさ

▼KI-LS50

▼KI-LS70

違い①サイズ・デザイン

サイズ感や重さデザインが違います。

▶KI-LS50:幅34.5×奥行26.2×高さ63.1㎝・重さ約8.9㎏


▶KI-LS70:幅40×奥行33.9×高さ68.6㎝・重さ約11㎏


KI-LS50はKI-LS70に比べて、

全体的にコンパクトになっています。

特に奥行きがスリム!!

すっきりとしたシンプルなデザインが特徴です。

KI-LS70は、少し丸みのある柔らかいデザインになっており、厚みがある分どっしりとした印象です。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

KI-LS50に比べて大きいので、設置スペースを考慮する必要があるよ

違い②適応畳数

KI-LS50KI-LS70
プラズマクラスター
適応畳数
約13畳約19畳
空気清浄機
適応畳数
~23畳~31畳
加湿空気清浄機
適応畳数
~22畳~24畳

適応畳数は、空気清浄機として使うか?加湿空気清浄機として使うか?で異なってきます。

KI-LS70は、サイズも大きい分、より広い畳数まで適応となっていますね。

広めのリビングや、リビング+和室つながりの場所で使う場合は、

KI-LS70の方がよさそうですね。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

この適応畳数は、KI-LS50 とKI-LS70のどちらを買おうか?

決める時の大きな判断材料になるね

違い③空気清浄力

KI-LS50、KI-LS70共に高濃度イオンを放出する「プラズマクラスター25000」を搭載しています。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

シャープ独自のプラズマクラスター技術では真ん中のグレードだよ。

特長的には同じですが、清浄スピードや風量に多少の違いがあります。

KI-LS50KI-LS70
清浄時間
※空気清浄時
8畳/12分8畳/9分
風量(㎥/分)
※空気清浄時
・強/5.1
・中/2.0
・静音/0.8
・強/7.0
・中/4.0
・静音/1.5
清浄時間
※加湿空気清浄時
8畳/13分8畳/11分
風量(㎥/分)
※加湿空気清浄時
・強/4.7
・中/2.7
・静音/1.2
・強/5.5
・中/4.0
・静音/1.5

KI-LS70は、風量が多い分、清浄時間も少しばかり速めです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

確かにKI-LS70の方が、部屋を早く清浄してくれるけど。

正直そこまで大差はないかな…。

違い④加湿力&給水タンク容量

KI-LS50KI-LS70
最大加湿量550mL/h700mL/h
加湿適用畳数・プレハブ
~15畳
・木造和室
~9畳
・プレハブ
~19畳
・木造和室
~12畳
給水タンク容量2.5L3.6L

加湿量に差がある通り、

KI-LS70の方が加湿量が多い分、加湿適用畳数も広めです。

また、給水タンク量も

約1Lの差があります。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

給水タンク容量が大きいと、水を補充する回数も少なくてすむよね。

これらを比較すると、

加湿に関してはKI-LS70の方が優れていることがわかりますね。

違い⑤電気代

KI-LS50KI-LS70
空気清浄
として使用
強の場合
約1.73円
強の場合
約1.8円
加湿空気清浄
として使用
強の場合
約1.43円
強の場合
約0.95円

スペックを踏まえると、加湿力が強いKI-LS70の方が、電気代は高そうなイメージですが

意外と、電気代に関してはKI-LS70の方が安いです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

これは意外!!!!

チリも積もれば…なので

電気代が少しでも安いのはありがたいですね。

違い⑤運転音

最後に、運転音の大きさも違いがあります。

KI-LS50KI-LS70
空気清浄
として使用
15~53㏈18~52㏈
加湿空気清浄
として使用
24~52㏈19~46㏈
ぽーちゃん
ぽーちゃん

50㏈で換気扇や家庭用クーラーと同等の騒音。20㏈だとほとんど聞こえないレベルだよ。

KI-LS70は、加湿力がKI-LS50よりも強いに

運転音が低い不思議…。

加湿器ってどうしても音はそれなりにするものが多いので、

できるだけ静かな方がいい、という人もKI-LS70は

よいかもしれませんね。

▼KI-LS50

▼KI-LS70

KI-LS50とKI-LS70の価格の違いは?

2022年2月3日時点の価格を比較しています。時期によって変動していくので参考程度に見て下さいね。

KI-LS50の価格

  • 楽天:最安値35,070円~47,240円(2022年2月3日時点)
  • アマゾン:最安値34,000円~44,134円(2022年2月3日時点)

・KI-LS70の価格

  • 楽天:最安値28,999円~84,748円(2022年2月3日時点)
  • アマゾン:最安値36,800円~47,680円(2022年2月3日時点)
ぽーちゃん
ぽーちゃん

価格は幅があるけど、そこまで大きく差はないよね。

▼KI-LS50

▼KI-LS70

KI-LS50シャープ空気清浄機のメリットとデメリット


▲KI-LS50

KI-LS50とKI-LS70の違いをお伝えしましたが、

いまいち決めきれない!という方はこちらも参考にしてください。

それぞれのメリットデメリットについてまとめていきますね。

まずはKI-LS50から見ていきましょう~^^

KI-LS50のメリット】

  • KI-LS70に比べスリムでコンパクトなので設置しやすい
  • 空気清浄メインで使用するにはKI-LS70に劣らない性能がある

KI-LS50のデメリット】

  • KI-LS70に比べやや加湿能力が劣る
  • 給水タンク量が少ないので水を入れる回数が多くなる

KI-LS70と比較すると、

こんなメリットデメリットが挙げられました↑

KI-LS50は

  • より薄型でコンパクトな空気清浄機がほしい
  • 部屋がそこまで広くない、あまり場所をとりなくない
  • 加湿より空気清浄機能をメインに使いたい

こんな方にオススメです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

空気清浄機メインで使うなら、KI-LS70とほぼ変わらない性能がもっているので、

それなら、コンパクトなデザインの方が嬉しいよね。

▼KI-LS50

KI-LS70シャープ空気清浄機のメリットとデメリット


では続いてKI-LS70のメリットデメリットをまとめていきます~!

KI-LS70のメリット】

  • よりスピーディな空気清浄と加湿が可能
  • 加湿能力が高い
  • KI-LS50に比べ加湿時のコストが安い

【KI-LS70のデメリット】

  • 大きめで厚みがあるので設置場所を考える必要がある
  • 風量が多いと吹き出す風の影響で、寒く感じる人もいる

KI-LS50と比較すると、

こんなメリット・デメリットが挙げられました↑

KI-LS70は

  • よりスピーディでパワフルな性能を重視
  • 加湿器もメイン使いしたい

という人にピッタリです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

空気清浄機だけでなく加湿機能もしっかり使うわよ~!という人は、KI-LS70がいいかも。

▼KI-LS70

KI-LS50とKI-LS70の違いを比較!

KI-LS50、KI-LS70共に機能の大きな特長である

  1. プラズマクラスター25000の搭載によるイオン効果
  2. スピード循環気流
  3. プラズマクラスターパワフルショット

は同じです。

両者ともに空気清浄機能に関してよい口コミが多く

性能自体に大きな差はありません。

だからこそ、KI-LS50、KI-LS70どちらを買うべきか悩む!

という人も多いと思います。

KI-LS50→空気清浄機能をメインに使用したい・なるべくコンパクトなタイプが欲しい人

KI-LS70→より加湿力がありパワフルなタイプを求める人

↑こんな感じで、特長を掴んで選ぶ時の参考にして頂ければと思います^^

▼KI-LS50

▼KI-LS70

コメント

タイトルとURLをコピーしました