楽天お買い物マラソン!参加エントリはこちら

アンドデコとBRUNOカーボンヒーターの違い徹底比較!どっちがおすすめ?

ブルーノとモダンデコカーボンヒーターの違いを徹底比較 生活家電
生活家電

お洒落家電メーカー・ANDDECO(アンドデコ)とBRUNOのカーボンヒーターの違いを徹底比較!

どちらも、昔のストーブのようなレトロな見た目が可愛くて人気のアイテムです♪

≪カーボンヒーター≫とは…

温風が出るファンヒーターとは違い、目には見えない遠赤外線パワーで暖かさを感じるタイプです。

アンドデコもBRUNOも、どちらのカーボンヒーターもコンパクトなサイズなので、キッチンや脱衣所での使用、サブ暖房器具として購入する方が多いアイテムです。

そんなアンドデコとBRUNOのカーボンヒーターの違いとして、

2機種の違いはこちら!
  1. 本体のサイズ・重量
  2. 消費電力と、パワーの調節
  3. 立ち上がりまでの時間
  4. 首振り機能
  5. タイマー機能
  6. カラー展開
  7. 価格

今回はこの7点をチェック!

アンドデコとBRUNO、どちらのカーボンヒーターを買うべきか悩まれている方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね♪

>>アンドデコ(モダンデコ)カーボンヒーターの口コミ記事はこちら

>>BRUNOカーボンヒーターの口コミ記事はこちら

▼アンドデコ(モダンデコ)カーボンヒーターの詳細はこちら

▼BRUNOカーボンヒーターの詳細はこちら

アンドデコとBRUNOカーボンヒーターの違いを比較

改めて、アンド デコとBRUNOのカーボンヒーター、それぞれの違いは全部で7点です。

2機種の違いはこちら!
  1. 本体のサイズ・重量
  2. 消費電力と、パワーの調節
  3. 立ち上がりまでの時間
  4. 首振り機能
  5. タイマー機能
  6. カラー展開
  7. 価格

1つ1つ見ていきますよ。

1.本体のサイズ・重量

まずは本体のサイズと重さから。

大きさ
(横×高さ×奥行)
重さ
アンド デコ31.7×60.7×32.5(㎝)4.3㎏
BRUNO21.4×61.4×21.4(㎝)2.3㎏

比較すると、BRUNOのほうが横と奥行きが小さめの作りなのがわかります。

背の高さはあまり変わりませんが、見た目はBRUNOのほうがスリムな印象です。

重さも、BRUNOが2㎏も軽い作りに!

↓BRUNOカーボンヒーター


ぽーちゃん
ぽーちゃん

アンド デコのほうは、

ヒーターを覆うように全面にガードがあるよ。

その分、比べると少し大きめな感じかな。

アンドデコのカーボンヒーターは奥行と幅がBRUNOに比べると一回りほど大きいです↓


2.消費電力と、パワーの調節

続いては、消費電力とパワーについて。

こちらもわかりやすいように表にまとめてみました!

パワー調節最小消費電力最大消費電力
アンドデコLOW・500W
HIGH・1000W
2段階調節
600W1200W
BRUNO500W~1000Wで
無段階調節
500W1000W

アンドデコは、ダイヤルをかちかちと回すだけでLOW・HIGHの調節ができるので楽ちん。


BRUNOも、ダイヤルを回して調節するのは同じです。

ただしこちらは、ダイヤルにMIN・MED・MAXと目盛りはありますが、自由に調節ができるようになっています。


ぽーちゃん
ぽーちゃん

BRUNOは微調整ができるのがポイントだね♪

3.立ち上がりまでの時間

次はスイッチを入れてから暖かくなるまでの時間をチェック。

  • アンドデコ:約3秒
  • BRUNOは:約10秒

となっています。

アンドデコのほうが圧倒的に立ち上がりは早くなっていますね。


ぽーちゃん
ぽーちゃん

10秒でも十分早い!

けど、「寒がりだから早くあったまりたい!」

っていう人にはアンドデコの3秒って魅力的かもね~♪

4.首振り機能

どちらも首振り機能が搭載されており、

  • アンド デコ:左右に各70度
  • BRUNO:左右に各60度

動くようになっています。

アンド デコのほうがより広い範囲を暖められるよう、角度が大きめになっています


操作はどちらもボタンを押すだけなので、簡単に設定できますよ。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

首振り運転だと効率よく

部屋を暖めることができるから

うまく使うのがオススメの機能だよ♪

5.タイマー機能

あると便利なタイマー機能ですが、実は、アンドデコには搭載されていません。

運転を開始したあと、「〇時間経過したら自動で電源が切れる」という機能もないので、切り忘れないように注意が必要です!

一方で

BRUNOは、1/2/4時間の3段階のOFFタイマーを搭載。


また、BRUNOカーボンヒーターの場合は、8時間経過で自動停止するようになっているので、万が一切り忘れても安心です。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

「在宅勤務で使う」とか、

「キッチンだけで」とか、

使う場所や時間が限られているなら、

タイマー機能はなくてもいらないかなって思うよ。

6.カラー展開

アンドデコ:グレー/ベージュ の2種類



BRUNO:グレージュ/ブルーグレー/グラスグリーン の3種類


となっています。

アンドデコは、どちらもホワイトベースでインテリアの邪魔をしないシンプルなカラー。

BRUNOは、ブルーグレー/グラスグリーンとインテリアのアクセントになるカラーもあります。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

これは正直悩む~!

ちなみに私の好みはブルーグレーかなぁ♪

置くだけでお洒落なお部屋になりそう♪

7.価格

気になる価格は、2022年12月上旬現在、

  • アンドデコ:16,999円(税込)
  • BRUNO:16,500円(税込)

となっています。

少しの差ですが、BRUNOのほうがお安くなっています。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

見た目だけじゃなくてお値段も似てるなんて…!

やっぱりデザインとか機能を見て

どちらにするか決めるのが良さそう…

▼アンドデコ(モダンデコ)カーボンヒーターの詳細はこちら

▼BRUNOカーボンヒーターの詳細はこちら

アンドデコ(モダンデコ)カーボンヒーターがオススメの人


ぽーちゃん
ぽーちゃん

アンドデコ・モダンデコ、どちらも同じ商品だよ

  • 昔の石油ストーブのような見た目に惹かれる!
  • 寒がりだから、朝起きた後・帰ってきた後などすぐに暖まりたい
  • 広めの空間(リビングや寝室)で、室内全体を暖めて使うこともありそう
  • 基本的には置く場所を固定(キッチン・脱衣所・書斎など)して使う予定

アンドデコは、スイッチを入れて立ち上がるまで約3秒!という早さが魅力的。

OFFタイマーがないのが唯一のネックかな?というところ。

「使う場所が決まっていて毎回自分でOFFにできる」、という方はアンドデコのカーボンヒーターでもいいかなと思います♪

ぽーちゃん
ぽーちゃん

あとは見た目が好み!という方も多いかも

>>アンドデコ(モダンデコ)カーボンヒーターの口コミ記事はこちら

立ち上がり3秒で暖かい!アンドデコ(モダンデコ)カーボンヒーターの詳細はこちら

BRUNO・カーボンヒーターがオススメの人


  • スリムで置き場所を選ばないものがいい
  • 部屋から部屋に移動して使うから、軽いほうがいい
  • 就寝時にも使いたいから、OFFタイマーがついててほしい
  • パワーを微調整して、自分好みの暖かさにして使いたい
  • 今人気のくすみカラーに惹かれる!

スリムな見た目、パワーの微調整、OFFタイマー付きというのがBRUNOの魅力♪

「タイマー機能は必須!」という方も多いと思うので、その場合はBRUNOカーボンヒーターがオススメです。

また、ブルー系・グリーン系のくすみカラーもあるので、お部屋のアクセントとして置くのもいいかもです(^^)

BRUNOカラー展開はこちら↓


>>BRUNOカーボンヒーターの口コミ記事はこちら

▼タイマー機能付き!BRUNOカーボンヒーターの詳細はこちら

アンドデコとBRUNOカーボンヒーターの違い比較!まとめ

レトロな見た目のカーボンヒーター、アンドデコのものとBRUNOのものを比較してご紹介しました!

見た目はどこか似ていますが、

  • 本体の大きさ・重さ
  • 立ち上がりの早さ
  • パワー調節の仕方
  • 首振り角度やタイマー機能の有無

の違いがありました。

特に、本体の重さとタイマー機能の有無を重視される方は多いかな?というところです!

寒い日が続くようになってきたので、暖房器具の新調をお考えの方はぜひお早めに♪

この記事が参考になれば幸いです(^^)

>>アンドデコ(モダンデコ)カーボンヒーターの口コミ記事はこちら

>>BRUNOカーボンヒーターの口コミ記事はこちら

▼立ち上がり3秒で暖かい!アンドデコ(モダンデコ)カーボンヒーターの詳細はこちら

▼タイマー機能付き!BRUNOカーボンヒーターの詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました