楽天お買い物マラソン!参加エントリはこちら

MC55ZとMC55Yの違いを徹底比較!新旧どっちがオススメ?ダイキン空気清浄機

ダイキン空気清浄機MC55ZとMC55Yの違いを比較 生活家電
生活家電

ダイキンの空気清浄機『MC55シリーズ』であるMC55ZとMC55Y。違いは何?機能やレビューはどう違う?徹底比較しました!

MC55ZとMC55Yは、同じダイキンのMC55シリーズであり、基本的な操作やデザイン、機能は同じです。

なにが違うかというと、

  • 発売した年
    • MC55Z(2022年10月)
    • MC55Y(2021年10月)
  • 電気プラグの形状がL型になった

ぽーちゃん
ぽーちゃん

とってもシンプル!つまり、性能はなにも変わらないよ。

ここでは、 あなたがMC55ZとMC55Yどちらを選んだらいいか?がわかるように

価格帯も含めて違いをまとめていきますね。

結論からいってしまうと、

価格の安さを重視したい→旧型MC55Y

コンセントの差し込み部分をL字ですっきりさせたい→新型MC55Z

と選ぶといいですね。

新型!MC55Zはコンセント部分がL字でスッキリ▼

>>新型MC55Zの口コミ評判はこちらの記事を見てね

旧型・価格を抑えたいならMC55Y▼

>>旧型MC55Yの口コミ評判はこちらの記事を見てね

ダイキン ストリーマ空気清浄機 ホワイト ACM55Y(W)【2022年モデル】【MC55Y同一仕様製品】
ダイキン

MC55ZとMC55Yの違いを比較!どう違う?機能は?

MC55ZとMC55Yの違いは、たったの2つ。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

空気清浄機としての性能に大きな違いはナイよ~!

①発売した年数

  • MC55Z:2022年10月発売(2023モデル)
  • MC55Y:2021年10月発売(2022モデル)

②コンセントの形状

  • MC55Z:L字型
  • MC55Y:一般的なタイプ

違い①発売した年数

MC55ZとMC55Yは新型旧型の関係です。

新しいのが2023年モデルのMC55Z


旧型が2022年モデルのMC55Y


です!

違い②電源コードの形状

  • MC55Z:L字型
  • MC55Y:一般的なタイプ

実際どのように違うかというと、

新型のMC55Zでは、このようなL字型の電源コードになっています。


旧型のMC55Yは一般的な電源の形状です。

L字型になったことで

コンセント部分のでっぱりをなくし、スッキリとみせてくれるというメリットがありますね。

棚などの裏にある狭いすき間部分にあるコンセントにも、差し込みやすく

電源コードの出っ張りを気にせず設置できそうですね。

TAFUフィルターの特長は次の通りです。

以上、

発売年と電源コードの形状が、大きな違いとなります。

新型!MC55Zはコンセント部分がL字でスッキリ▼

旧型・価格を抑えたいならMC55Y▼

ダイキン ストリーマ空気清浄機 ホワイト ACM55Y(W)【2022年モデル】【MC55Y同一仕様製品】
ダイキン

MC55ZとMC55Yの共通する特長や機能は?

MC55XとMC55Wは、同じスペック・機能を持っています。

共通していえる特長は

  • 空気清浄の畳数:~25畳まで
  • 加湿機能なし
  • 高さ50㎝、横幅27㎝のコンパクトサイズ
  • 8畳を清浄する目安:約11分
  • フィルター交換10分間不要
  • ストリーマー+アクティブプラズマイオン搭載

空気清浄機といえば、サイズが大きく場所をとるものも多い中、

ダイキンのMC55シリーズはコンパクト!


この点も性能以外で大きな特長ですね。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

コンパクトなサイズでも性能はしっかり!リビングだけでなく、寝室や子供部屋に使っているという人も多いよ。

また、フィルターが10年交換不要!というのもかなり大きなメリット。


空気清浄機メーカーの中でもトップの人気を誇るダイキンなので、

空気清浄時の性能も抜群です。


ぽーちゃん
ぽーちゃん

価格はそれなりにするけど、強力に空間をキレイにしてくれて、長く使えるから人気なんだよね。

新型!MC55Zはコンセント部分がL字でスッキリ▼

旧型・価格を抑えたいならMC55Y▼

ダイキン ストリーマ空気清浄機 ホワイト ACM55Y(W)【2022年モデル】【MC55Y同一仕様製品】
ダイキン

MC55ZとMC55Yの価格も比較!

価格は、新型のMC55Zの方が高いです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

正直、性能は変わらないから
安さ重視ながらMC55Y一択だよ。

それぞれの最安値はこちらからチェックできまよ↓

新型!MC55Zはコンセント部分がL字でスッキリ▼

旧型・価格を抑えたいならMC55Y▼

ダイキン ストリーマ空気清浄機 ホワイト ACM55Y(W)【2022年モデル】【MC55Y同一仕様製品】
ダイキン

MC55ZとMC55Yの違いを比較!どちらがオススメ?

ダイキンの加湿機能なし・ストリーマ空気清浄機の新型MC55Zと旧型MC55Y

の違いをまとめました。

違いはたったの2つだけ▼

MC55Z(新型)MC55Y(旧型)
発売年2022年2021年
電源コードコンセント部分が
L字形状
コンセント部分が
一般的

新型MC55Zと旧型MC55Yの共通する特徴は以下の通りです。

  • 空気清浄の畳数:~25畳まで
  • 加湿機能なし
  • 高さ50㎝、横幅27㎝のコンパクトサイズ
  • 8畳を清浄する目安:約11分
  • フィルター交換10分間不要
  • ストリーマー+アクティブプラズマイオン搭載

スペックに大きな違いがないので、

  • 価格の安さを優先するなら→旧型MC55Y
  • コンセント部分がスッキリしていたほうがいいなら→新型MC55Z

ですね。

個人的には、コンセントがL字だと、

棚の裏のコンセントにも差し込みやすいですし、

出っ張りが出ない分、空間がスッキリするので

長く使うことを考えるとL字タイプのMC55Zに軍配があがります。

ダイキンの空気清浄機、新型MC55Zと旧型MC55Yで迷われている方の参考になりましたら幸いです。

新型!MC55Zはコンセント部分がL字でスッキリ▼

>>新型MC55Zの口コミ評判はこちらの記事を見てね

旧型・価格を抑えたいならMC55Y▼

>>旧型MC55Yの口コミ評判はこちらの記事を見てね

ダイキン ストリーマ空気清浄機 ホワイト ACM55Y(W)【2022年モデル】【MC55Y同一仕様製品】
ダイキン

コメント

タイトルとURLをコピーしました