\楽天市場で今売れている家電ランキングはココから/

PTQ-A100の口コミ評判をレビュー!PCK-A080との違いや電気代は?

タイガー蒸気レス電気ケトルPTQ-A100の口コミ評判をレビュー!電気代やお手入れ方法は?PCK-A080との違いも比較 キッチン家電
キッチン家電

タイガーの蒸気レス電気ケトルPTQ-A100は、沸かし時に蒸気がでず、

温度調節機能も付いた、最新型の電気ケトルです。

ただ、一般的な電気ケトルよりもややお値段が高めなので

口コミや使い心地、電気代や機能が気になるところ。

ここでは、タイガー蒸気レス電気ケトルPTQ-A100

  • 口コミ(悪い口コミ・良い口コミ)
  • 電気代
  • お手入れ方法
  • 同じくタイガー蒸気レス電気ケトルPCK-A080との違い
  • 機能や特長
  • メリット・デメリット

これらについて徹底的に解説していきます。

PTQ-A100が気になっている!という方はぜひ参考にして頂ければと思います^^

PTQ-A100蒸気レスケトルの口コミ評判をレビュー!

タイガーの蒸気レスケトルPTQ-A100ですが、

まだ

発売してまもないので、口コミがあつまり次第追記したいと思います。

PTQ-A100の悪い口コミ

後ほど追記します

PTQ-A100の良い口コミ

後ほど追記します

PTQ-A100蒸気レスケトルの電気代はいくら?

電気代についても気になりますね!どれくらいかかるのか計算してみました。

湯沸かし時の消費電力は1300Wです。

1回の電気代は

  • カップ一杯分(約140mL 45秒)であれば、約0.4円
  • 満水時(約1L 5分)であれば、約3円!

※1kWh/27円で計算

※保温機能(アディショナルヒート機能)が始動した場合、別途電気代がかかります。

毎日コーヒーを飲むとしても、

1ヶ月(カップ一杯×30日)で約13.2円です!

ぽーちゃん
ぽーちゃん

電気代の心配は、必要なさそうだね☆

ちなみに、この電気代は、ほかの電気ケトルと大差はありません。

参考:ティファールの電気ケトルは、カップ一杯分で約0.5円です。

なので、一般的な電気ケトルと電気代は変わらないと考えていいでしょう。

PTQ-A100蒸気レスケトルのお手入れ方法は?


電化製品のため、丸洗いはできません。

スポンジや布巾での拭き取りになります。

ふたの取っ手を持ち上げるだけで、簡単に蓋を取り外せます。

また、広口でお手入れがしやすいですよ☆

内部は1〜3ヶ月に1回を目安に【クエン酸洗浄】もしてください。

お手入れ方法

【ケトル内側】

水かぬるま湯を半分ほど入れ、スポンジで拭き取った後、すすぎます。

外側は濡らさないように注意

【ケトル外側・ふた】

よく絞った濡れ布巾で拭き取る

【電源プレート】

乾いた布で拭く

【クエン酸洗浄】

  • クエン酸30gを入れ、満水まで水を入れて混ぜる
  • 蓋をして、100℃に設定し沸かす
  • 約2時間放置した後、プラグと蓋を外して、お湯を捨てる
  • 汚れが残っていたらスポンジで擦り落とす(汚れが落ちない時は再度1〜3をする)
  • すすぎ。水だけで通常通りに沸かし、フタを付けた状態でお湯を捨てる
ぽーちゃん
ぽーちゃん

一般的な電気ケトルと同様だね。外側は水を濡らさないように注意が必要だよ~!

PTQ-A100蒸気レスケトルの特長や機能は?


PTQ-A100蒸気レスケトルは、温度調節機能付きで、1杯分の沸かし時間が早い!!という点が

とても大きな魅力です。

特長をまとめると、6点ありました↓

PTQ-A100の特長
  1. 業界最速!1杯約45秒で沸く
  2. 6段階の温度調節機能アリ。
  3. 転倒お湯漏れ防止機能など7つの安全設計
  4. 二重構造設計!沸かした後も保温が長持ち
  5. 蒸気がでない設計だから、火傷の心配ゼロ
  6. コーヒードリップに最適な注ぎ口設計
ぽーちゃん
ぽーちゃん

コーヒードリップにも最適な注ぎ口っていうのも魅力的!コーヒーを毎朝淹れている人にもピッタリだね♪

ひとつひとつ説明していきます。

特長①業界最速!1杯約45秒で沸く


約140mL(カップ1杯分)の量が約45秒と業界最速で沸かせます!

朝の忙しい時間には大助かりですね(^^)

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ちなみにティファールの電気ケトルは、1杯53秒だよ~!

満水(1 L)でも5分と、あっという間に沸きますよ☆

朝の忙しい時間など、少しでも時短したい人にとって、この最速の沸かしスピードは嬉しいですね。

特長②6段階の温度調節機能アリ。

取っ手のダイヤルで50〜100℃まで6段階で温度設定が出来ます。

【設定温度】

  • 50℃
  • 60℃
  • 70℃
  • 80℃
  • 90℃
  • 100℃

使用用途によって温度を変えると、さらに美味しく頂けますよ☆

↓温度列のオススメ飲み物↓

  • 50℃〜70℃・・・玉露
  • 60℃〜80℃・・・煎茶、抹茶、粉ミルク
  • 90℃・・・コーヒー
  • 100℃・・・紅茶、ほうじ茶、玄米茶、中国茶
2児の母
2児の母

赤ちゃんのミルク用に、温度設定できるのも便利~♪

特長③転倒お湯漏れ防止機能など7つの安全設計


  1. 転倒お湯漏れ防止・・・倒れた際のお湯漏れが最小限
  2. 給湯ロックボタン・・・倒れた際の注ぎ口からのお湯漏れを抑える
  3. 本体二重構造・・・本体が熱くなりにくく、冷めにくい
  4. カラだき防止・・・空焚きを感知し、自動でオフ
  5. 通電自動オフ・・・沸騰したら、自動で電源オフ
  6. 蒸気レス・・・蒸気キャッチャー構造で蒸気が出ない
  7. 傾斜ふたロック・・・本体が傾いたり、倒れても、傾斜検知ユニットで蓋が開かない

7つの安全設計で、万が一、倒してしまってもお湯漏れが最小限!

カラだき防止やロック機能もしっかり搭載しているので、

お子様やペットなどが、ケトルでイタズラしてしまっても安心です。

※湯沸かし後のお湯が入っている状態だと、火傷の恐れがあります。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

湯沸かし時、蒸気もでないので、蒸気による火傷の心配も軽減されるね^^

特長④二重構造設計!沸かした後も保温が長持ち


二重構造になっており、湯沸かし直後でも本体が熱くなりにくく

中のお湯も冷めにくいです。

また、「アディショナルヒート機能」搭載で、

湯沸かし後、設定温度を下回ると約5分間のヒーター保温が始動します。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

朝忙しいと、お湯を沸かしたのに、時間が経って冷めちゃった!ってことありませんか?そんな時、自動で保温してくれるのは助かるよね。

二重構造+アディショナルヒート機能で、保温機能がグッとアップするため、湯沸かし後も冷めにくいといのは大きなメリットと言えますね。

引用元:タイガー公式サイト

電気ケトルで保温が出来るものは少ないですよね。

短時間であれば、再沸騰の手間がなく、そのままでも使えそうです☆

ぽーちゃん
ぽーちゃん

電気ケトルに保温機能がほしかった~!という人はPTQ-A100がピッタリかも♪

特長⑤蒸気がでない設計だから、火傷の心配ゼロ

蓋内部に蒸気キャッチャー構造が搭載されており、高温の蒸気が出ません!

蒸気キャッチャーで、蒸気を冷やして結露させ、注ぐ時に一緒に出てきます。

蒸気での火傷は意外と多いものです。

私も「アチッ!」となったことがあります(笑)

心配な要素が無くなるのは嬉しいですね☆

特長⑥コーヒードリップに最適な注ぎ口設計

三次元カーブ&注ぎ口のガイドスリットとリブ(凹凸)でお湯の方向を整え、飛び跳ねが少なく、スムーズに注ぐことが出来ます。

ドリップコーヒーに最適な「細く、狙ったところへ」の注ぎが可能です。

朝1番のコーヒーが、さらに美味しくなりそうですね(^^)

PTQ-A100とPCK-A080の違いは?

タイガーでは、他の蒸気レス電気ケトルも販売しています。

それがこちら【PCK-A080】ですね↓

PTQ-A100とPCK-A080の違いは以下の6点です。

  1. デザイン
  2. サイズ・容量
  3. 温度設定機能
  4. 沸騰時間目盛り
  5. アディショナルヒート機能

恐らく、同じタイガーの『蒸気レス電気ケトル』なので迷う方もいると思います。

そんな方は違いをチェックしてみて下さいね。

違い一覧表

【違い一覧】

PTQ-A100(本製品)

PCK-A080

デザイン

スタイリッシュ

三次元カーブの注ぎ口

丸みのあるデザイン

定番の形

サイズ(㎝)・容量

15.4×26.4×23.0


1000mL

15.9×25.0×22.0


800mL

温度設定機能

×

沸騰時間目盛り

×

イージープルアップ構造

ワンタッチ着脱

アディショナルヒート機能

×

違い①デザイン

  • PTQ-A100・・・スタイリッシュで三次元カーブの注ぎ口
  • PCK-A080・・・少し丸みがあり、定番のケトル型

見た目でも分かるように、PTQ-A100(本製品)はスタイリッシュでカッコ良くなり、三次元カーブで注ぎ口が大きめです。

PTQ-A100のデザイン↓


PCK-A080のデザイン↓


ぽーちゃん
ぽーちゃん

好みの問題もあるけど、どちらもシンプルなデザインは好感がもてるよね^^

違い②サイズ・容量

  • PTQ-A100・・・15.4×26.4×23.0(電源プレート込み)、1000mLまで
  • PCK-A080・・・15.9×25.0×22.0(電源プレート込み)、800mLまで

サイズ感はほぼ一緒ですが、容量が800mlと1000ml(1L)の違いがあります。

友達がきたときや、家族が多い場合など、

一度にできるだけ多くお湯を沸かせた方が便利~!という方は、

PTQ-A100の1L容量の方が安心かもしれませんね。

違い③温度設定機能

  • PTQ-A100・・・あり
  • PCK-A080・・・なし

PTQ-A100(本製品)は用途によって温度設定ができ、

コーヒー、紅茶、煎茶など、1番美味しいとされる温度で抽出することができます。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

この温度設定機能の有無は、大きな違いのひとつだよ~。飲み物や使う用途に合わせて温度を変えたい~という人は迷わずPTQ-A100がオススメ。

違い④沸騰時間目盛り

  • PTQ-A100・・・なし
  • PCK-A080・・・あり(内側)

PTQ-A100(本製品)は内側に量の目盛りはありますが、沸騰時間の表記はありません。

パワーは一緒なので、おそらくほぼ同じ時間だと思われます。

PCK-A080の本体内部に表記されている目盛りと時間です↓

200mL

400mL

600mL

800mL

1000mL

約1分

約2分

約3分

約4分

約5分

違い⑤蓋

  • PTQ-A100・・・イージープルアップ構造ふた
  • PCK-A080・・・ワンタッチ着脱ふた

PCK-A080は、蓋上部にあるレバーを指で挟みながら外しますが、

PTQ-A100(本製品)は、蓋の取っ手を持ち上げるだけで、パコッと簡単に外せます。

※傾斜ふたロック機能が付いているため、真上に持ち上げて下さい。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ちょっとした部分だけど、簡単に持ち上げられる蓋のPTQ-A100は最新型という感がするね♪

違い⑥アディショナルヒート機能(約5分の保温機能)

  • PTQ-A100・・・あり
  • PCK-A080・・・なし

PTQ-A100(本製品)は約5分間のアディショナルヒート保温機能があります。

1時間後でも湯沸かし後のお湯が冷めにくいです☆

PTQ-A100蒸気レスケトルの口コミまとめ。メリットデメリットは?


タイガーの蒸気レス電気ケトルPTQ-A100は、

  • 1杯分の沸かし時間が最速45秒
  • 温度設定機能ありで好みの温度設定で沸かせる
  • 自動で5分間の保温機能が作動

というのが特に大きな魅力だなと感じています。

さらにメリットデメリットをまとめると。

【メリット】

  • 湯沸かしが早くて、忙しい朝に助かる
  • 蒸気が出ないため、火傷の心配なし
  • 沸かし後、温度が下がらないよう保温してくれる
  • 冷めにくい2重構造で、冬場も助かる。
  • ドリップに適した注ぎ口でコーヒーを美味しく淹れられる
  • 見た目もカッコいい
  • 万が一子供がいたずらしたり倒しても安全なよう配慮された設計。

メリット】

  • 長時間の継続した保温は出来ない

以上のようなメリット・デメリットがあります。

タイガーのケトル【PTQ-A100】は、使い勝手と安全性に優れた電気ケトルです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

電気ケトルもどんどん進化していってるんだね

蒸気が出ないのはもちろんのこと、仮に倒してしまってもお湯溢れが最小限に抑えられます。

また、ロック機能やカラ焚き防止機能で、高齢者の「うっかり」や、お子様やペットの「イタズラ」での危険性も回避できます☆

また、消費電力が大きいため、他の家電と同時に使うとブレーカーが落ちる可能性があります。

デメリットもありますが、それ以上にコーヒーやお茶などの飲み物、子供のミルクを作る時などには、すぐに沸くので重宝しますよ☆

  • 使いたい時に、すぐ沸かしたい
  • 高齢者や小さいお子さん、ペットがいる
  • 赤ちゃんがいて、ミルクを作りたい
  • 1Lもあれば十分
  • 鍋やヤカンを出したり片付けたりが面倒
  • ドリップコーヒーをよく飲む
  • 飲み物に合わせて温度調節したい!

上記のような方にはとってもオススメです!

安全性に優れたこのケトルで、ホットドリンクを飲めば、心までホットな気持ちになりますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました