CAT-GP14AとAGT-G13Aを徹底比較!新型と旧型で何が違う?

アラジングラファイトグリル&トースター CAT-GP14Aの口コミ評価とAGT-G13Aとの違いを比較 キッチン家電

アラジンのグラファイトグリル&トースターの新型CAT-GP14Aが販売していますね。

ひとつ前の旧型AGT-G13Aとの違いが気になる!!何がどう違うの?比較して検討したい

という方も多いはず。

結論からいうと、CAT-GP14AとAGT-G13Aの大きな違いは4つ!

新型CAT-GP14Aの場合、

  1. ご飯が炊ける(炊飯釜付き)
  2. すのこ付き(蒸し料理がより便利)
  3. 発酵・低温調理できる
  4. 調理メニュー選択で自動調理可
ぽーちゃん
ぽーちゃん

多機能にグレードアップしたのがCAT-GP14Aだよ

美味しいパンを焼きたい方はもちろんのこと、

欲張りに色々な料理を1台で試したい!という方にピッタリなのが新型CAT-GP14Aです。

アラジングリル&トースター2021の人気色
引用:アラジン公式サイト

旧型AGT-G13Aもレビュー評価はかなり高く、在庫がすぐなくなり手に入らない時期もあったほどの人気ぶり。

そのため新作CAT-GP14も、在庫待ちになる可能性もあります。

ここでは、アラジングラファイトグリル&トースターのCAT-GP14Aと旧型AGT-G13Aの違いを徹底的に比較しています。

また、気になる口コミや評判もまとめています。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

旧型と新型の違いがまるわかりだよ。

アラジンのグラファイトグリル&トースターでCAT-GP14Aと旧型AGT-G13Aどっちがいいか?悩まれている方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

>>新型アラジングラファイトグリル&トースターはこちら

アラジン公式サイト

>>旧型アラジングラファイトグリル&トースターはこちら

アラジングリル&トースター新型CAT-GP14Aと旧型AGT-G13Aの違いを比較!

2021年新モデルのアラジングリル&トースターはCAT-GP14A。

ひとつ前の旧型がAGT-G13Aです。

違う点は以下の9点

  1. 温度調整の幅がより広域になった(40℃~320℃)
  2. 炊飯釜でご飯が炊ける(炊飯釜つき)
  3. 低温調理・発酵機能つき
  4. 付属品が豊富
  5. 温度調整ダイヤル→調理メニューに変更
  6. トーストの焼き加減が調整できる(5段階)
  7. 新モデルの方がサイズが大きい・重い
  8. 消費電力が1300W→1420Wへアップ
  9. 延長コードが1m→1.2mに伸びた
ぽーちゃん
ぽーちゃん

機能豊富になった分、サイズも大きくなったんだね

パンのトーストだけなく、あらゆる調理に対応した万能トースターにレベルアップしたのがCAT-GP14Aです。

1.温度調整の幅がより広域になった(40℃~320℃)

  • 旧型AGT-G13A:100℃~280℃まで
  • 新型CAT-GP14A:40℃~320℃まで

新型CAT-GP14Aの場合は、40℃~320度までとより広域に温度調節できるようになりました。

320℃の高温調理の際は、一気に熱を上げるための予約不要

発酵や低温調理からグリル調理・ノンフライ調理もおいしく仕上げます。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

高温設定で、お惣菜の天ぷらもカラッと揚げたてに変身!

2.炊飯釜でご飯が炊ける(炊飯釜つき)

引用:アラジン公式サイト

新型AGT-G14Aは、蓋つき炊飯釜が付属

ダイヤルボタンで『炊飯』に合わせれば、炊飯器のごとくご飯が炊けちゃうわけです。

炊き込みご飯

ピラフ

の調理も可能です。

ただ、1度に炊けるご飯は2合までなので、家族が多い場合は不便かもしれません。

1人や2人暮しや、在宅勤務でお家で一人ご飯食べる、という人にはピッタリですね。

ちなみに

付属の炊飯釜はアルミ製です。

熱伝導がよく、高温で一気に沸騰させお米を舞い上がらせながらが炊くため、一粒一粒がふっくらハリのある炊き上がりになります。

3.低温調理・発酵機能つき

温度調整は40℃~90℃まで5℃単位でできます。※100℃~320℃までは10℃単位

40℃ということは、パンの発酵もなんなくできてしまう!

また長時間じっくり加熱が必要なローストビーフも美味しく作ることができます。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

パン作りや、料理好きな人には嬉しい機能だね。

4.付属品が豊富

新型のAGT-G14Aには、旧型には付属していなかった

  • 炊飯釜
  • 計量カップ
  • すのこ

が付きます。

すのこは

蒸し料理やしゅうまい・肉まんなどの温め

にも大活躍!

また、グリルパン(深)の大きさも旧型より大きくなりました。

アラジントースター 新型 旧型 違いを比較
引用元:アラジン公式

ホーローなので、そのままグラタンや煮込み調理もできそうですね。

まとめると新型の付属品は5種類↓

ぽーちゃん
ぽーちゃん

このほかレシピ本もついてるよ!

  1. グリルパン(深):ホーロー製で高温グリル料理や煮込み料理に。パンやグラタンも作れる
  2. グリルパン(浅):おかず温めの器として使ったり、ピザを焼くことができる。グリルパン(深)の蓋としても活用可。
  3. すのこ:蒸し調理で蒸しパンや肉まん、冷凍シュウマイを蒸すことができる。
  4. 炊飯釜:2合まで炊ける。炊き込みご飯も作れる。
  5. 計量カップ:お米を炊く時の軽量カップとして。

浅いグリルパンは、深いグリルパンの蓋としても活用できます。

油や汁の飛び跳ねもガードすることができるので、掃除の負担を軽減するメリットもあります。

5.温度調整ダイヤル→調理メニューに変更

操作ダイヤルの内容が旧型と大きく異なりました。

①旧型AGT-G13Aの場合

  • 温度調整(100℃~280℃)ダイヤル式
  • タイマー(15分まで)ダイヤル式

②新作CAT-GP14Aの場合

  • トースト・冷凍トースト・温め/オーブン・高温グリル・煮る・蒸す・低温調理/発酵・炊飯の8種類搭載のダイヤル式
  • 温度調整ダイヤル(40℃~320℃)
  • パンの焼き加減ダイヤル(5段階)
引用元:アラジン公式サイト

新作の方は、目的に応じて自動で温度調整してくれので、自身で温度調整する必要がありません。

6.トーストの焼き加減が調整できる(5段階)

パンの焼き加減の設定も新たに加わりました。

サンドイッチなら、軽くトースト

ピザパンならしっかりめにトースト

など、目的に応じてトーストの焼き加減を5段階で調整できます。

引用元:アラジン公式

7.新モデルの方がサイズが大きい・重い

新型の方がサイズが少しだけ大きいです。

庫内は

  • 奥行が0.7㎜縮まった
  • 高さ1.7㎝高くなった

と多少の変化があります。

高さは少し高くなったことで、丸焼きチキンもそのままグリルすることができますよ。

重さも新型の方が重めですね。

新型CAT-GP14A旧型AGT-G13A
本体サイズW39×D39.1×H27.6W36×D35.5×H25
庫内サイズW31×D27.8×H10.7W31×D28.5×H9
重量約7.1㎏約4.7㎏

8.消費電力が1300W→1420Wへアップ

新型の方が消費電力が120W大きくなりました。

電気代はどれくらい違うのか・・・?調べてみると

【30分1回使用時の電気代】※ 27円/kWhで計算

  • 1430W→約19.2円
  • 1300W→約17.6円

【30分×30日使用した場合】

  • 1430W→19.2円×30=575円
  • 1300W→17.6円×30=528円

差47円 です!

それほど大きい差はないのかな?と思いますが、これは人それぞれですね。

アラジンのグラファイトグリル&トースターは、一瞬で高温になり、2分程度でトーストできるので

パンをトーストするのに普段使う場合は、この計算↑よりもずっと安くなりますね。

ちなみに

一般的なトースターの消費電力は1000w程度なので、若干アラジントースターの方が高めです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

バルミューダーのトースターは約1300Wだよ

9.延長コードが1m→1.2mに伸びた

0.2mコンセントコードが伸びました。

あともうすこしだけ長ければ…!という要望があったのかもしれませんね。

0.2m伸びた程度なら、長すぎて不便になったということはなさそうです。

>>新型アラジングラファイトグリル&トースターはこちら

アラジン公式サイト

>>旧型アラジングラファイトグリル&トースターはこちら

新型CAT-GP14Aと旧型AGT-G13Aアラジントースターの価格の違いは?

新型(2021年モデル)のアラジングリルトースターの販売参考価格は39000円です。※2021年4月時点

旧型のアラジングリルトースターは22000円ほど。※楽天市場参考、2021年4月時点

17000円ほど差がありますね。

新型アラジングリルトースターは、調理メニューダイヤルや炊飯機能、付属品も増えてより調理の幅が増えたので、

その機能を踏まえれば、新型が高すぎるわけではないと、個人的には思います。

  • 温度調整ダイヤルでいい
  • それほど幅広い調理はしない
  • シンプルに使いたい

という人は、旧型でも十分かもしれません。

▼新型(2021年モデル)アラジングラファイトグリル&トースターCAT-GP14A

アラジン公式ページ

▼旧型アラジングラファイトグリルトースターAGT-G13A

CAT-GP14A(新)とAGT-G13A(旧)アラジングリル&トースター比較まとめ

一覧にまとめました。赤文字が違いがある点です。

2021新型CAT-GP14A旧型AGT-G13A
価格(2021.4月時点)39000円22000円(楽天市場参考)
カラーホワイト・グリーンホワイト・グリーン
消費電力1430W1300W
トーストの焼ける枚数4枚4枚
コードの長さ1.2m1m
ヒーター上部:グラファイトヒーター
下部:石英管ヒーター
上部:グラファイトヒーター
下部:石英管ヒーター
本体サイズ(㎝)W39×D39.1×H27.6W36×D35.5×H25
庫内サイズ(㎝)W31×D27.8×H10.7W31×D28.5×H9
重量約7.1㎏約4.7㎏
温度調整範囲40℃~90℃/100~320℃100℃~280℃
炊飯機能×
低温調理・発酵機能×
トースト焼き加減×
温め機能
煮る・蒸す機能
網の取り外し
パンくずトレイ
付属品グリルパン(深&浅)すのこ・
炊飯釜(蓋つき)・計量カップ・
レシピ
グリルパン(浅&深)・グリルネット
・レシピ・コンセントブック

出典:アラジン公式サイト

細かく見ると、いろいろ機能がレベルアップしたことがわかりますね。マーカーラインをひいている部分↓は、特に注目したい違いです。

  • 消費電力が若干アップした
  • コードの長さが伸びた
  • 本体サイズは大きく、重量も重くなった
  • 庫内サイズは若干高くなった程度。それほど大きく変化なし
  • 調整ダイヤルが、調理メニューで選べるようになった
  • トーストの焼き加減調整機能がついた
  • 温度調整の幅が広域になり、発酵・低温調理可能になった
  • ご飯が美味しく炊けるようになった
  • 付属品にすのこ・炊飯釜・計量カップがついた

新型CAT-GP14Aは

  • パン作り、低温調理など、料理が好きな人
  • 毎日トーストパンを美味しく食べたい人
  • 1~2人分の炊飯機能で十分。炊飯器を別に持ちたくない人。

に特におすすめです。

>>アラジン新型CAT-GP14A

アラジン公式サイト

アラジン旧型AGT-G13Aは

  • トースターや温め機能をメイン使いする予定の人
  • 発酵や低温調理機能は不要の人
  • 少しでも価格を抑えたい人

にオススメです。

旧型でも新型と大差ないくらい美味しいトーストが焼けるので、トースターとしての機能は十分あわせ持っています。

>>旧型アラジングラファイトグリル&トースターはこちら

ぜひ参考にしてみてくださいね。

2021年モデルCAT-GP14Aの口コミや評判、人気色、機能の特長についてはこちらに詳しく書いています。もっと詳しく2021年モデルのアラジングラファイトグリル&トースターを知りたい!検討したいという方は、ぜひご覧いただき検討の材料にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました