\楽天市場で今売れている家電ランキングはココから/

CV-P60とCV-P71の違いを比較!どっちがおすすめ?シャープ衣類乾燥除湿機

cv-p60とcv-p71の違いを比較!どっちがおすすめ? 生活家電
生活家電

シャープの衣類乾燥除湿機CV-P60とCV-P71 。どちらも2022年発売された新商品です。

価格帯は、CV-P71の方がやや高めですが、どちらもスペックが似ているので迷う!

という方も多いと思います。

機能面やスペックで、CV-P60とCV-P71はどう違うのか?徹底比較してみました。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

どっちを買おうか迷う~!という方は参考にしてくださいね♪

この記事でわかること
  • シャープ衣類乾燥除湿機CV-P60とCV-P71の違い
  • 共通の機能と特徴
  • CV-P60がおすすめの人
  • CV-P71がおすすめの人

▼デシカント式で年中パワフル!洗濯物真下から効率よく乾かすCV-P60

▼コンプレッサー式で電気代が安い!床やマットのにおい対策にも◎CV-P71

シャープCV-P60とCV-P71の違いを比較!

シャープの衣類乾燥除湿機、CV-P60とCV-P71。

似ているようで、結構違う部分があります。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ちなみに、価格はCV-P71の方がやや高めだよ。

シャープCV-P60とCV-P71の違いをまとめたので見ていきましょう!

違いは次の8点です。

  1. サイズ・重さ・タンク容量
  2. ハンドル・吹き出し口
  3. 除湿方式・加湿能力
  4. 除湿適応面積
  5. 衣類乾燥時間
  6. 連続排水の不可
  7. 内部乾燥の不可
  8. 使用可能温度

CV-P60とCV-P71の違い一覧まとめ

違いを表でまとめています~!

CV-P60

CV-P71

サイズ

30cm×30cm×32.3cm

30.3cm×20.3cm×52.4cm

重さ

6.7kg

9.4kg

タンク容量

1.5L

2.5L

ハンドル

×

吹き出し口

上面360℃

ルーバー調節可能

除湿方式

デシカント式

コンプレッサー式

加湿能力

5.4/5.6 L/日(50Hz/60Hz)

6.3/7.1 L/日(50Hz/60Hz)

除湿適応面積

7~14畳(12~23m²)

8~18畳(13~30m²)

衣類乾燥時間

約99分~約109分

約180分

連続排水

×

内部乾燥

×

使用可能温度

1~38℃

4~38℃

ひとつひとつ説明していきます。

ちなみに、一番気になる価格はこちらをチェックしてみてくださいね。※楽天市場の最安値を確認することができます。

>>【CV-P71】の最安値を楽天市場でチェックする

>>【CV-P60】の最安値を楽天市場でチェックする

▼デシカント式で年中パワフル!洗濯物真下から効率よく乾かすCV-P60

▼コンプレッサー式で電気代が安い!床やマットのにおい対策にも◎CV-P71

違い①サイズ・重さ・タンク容量

CV-P60CV-P71
サイズ(㎝)幅30×奥行30×高さ32.3幅30.3×奥行20.3×高さ52.4
重さ(㎏)6.79.4
タンク容量1.5L2.5L

どちらもコンパクトですが、「CV-P60」は高さが低いため、

洗濯物を干す真下に置くことができます。


重さも軽く、省スペースで使うことができます。

一方、

「CV-P71」は高さがありますが、設置面積は約A4サイズと狭いスペースでも使用できます。


高さがある分、重量も重めですが持ち手がついているので、運びやすいです。

また、タンク容量が多い分、水を捨てる回数は減りそうですね。

違い②ハンドル・吹き出し口

CV-P60CV-P71
持ち手
ハンドル
×
吹き出し口上面360℃
吹き出し
ルーバーから
吹き出し
※調節可能

CV-P60」は上面が全て吹き出し口になっており、360℃真下から効果的に除湿できます。


CV-P71」は、ルーバーを好みの向きに調節することで、上下どの位置でも除湿が可能です。

また、ハンドルがあり運びやすいのもポイントです☆

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ハンドルは、排水タンクにも付いており、水を捨てる際にも便利だよ

違い③除湿方式・除湿能力

CV-P60CV-P71
除湿方式デシカント式コンプレッサー式
除湿能力/日
(50Hz/60Hz)
5.4/5.6 L6.3/7.1 L

【デシカント式】

■メリット:室温に左右されず、常に一定の除湿能力があります。寒い季節にも強く、除湿能力が落ちない。

■デメリット:ヒーターを使用するため、コンプレッサー式よりも電気代が高くなり、お部屋の温度が上がりやすい

【コンプレッサー式】

■メリット:室内の湿った空気を冷やし除湿するため、湿度が高い暑い季節に最適。

■デメリット:温度や湿度が低い冬場には除湿能力が低下しがち。

季節問わず使いやすく除湿能力も安定している『デシカント式』は、

確かに使いやすいのだけど、

電気代がコンプレッサー式よりもやや高い…。冬はそこまで使う予定なし。

という理由で、コンプレッサー式を選ぶ人も多いです

  • 年中使いたいのか?
  • 冬はそこまで使う予定はないか?
  • 電気代を節約したいか?

など踏まえて、考えてみるといいですね。

▼デシカント式で年中パワフル!洗濯物真下から効率よく乾かすCV-P60

▼コンプレッサー式で電気代が安い!床やマットのにおい対策にも◎CV-P71

違い④除湿適応面積

CV-P60CV-P71
除湿適応面積50Hz/60Hz共に
7~14畳(12~23m²)
50Hz:8~16畳(13~26m²)
60Hz:9~18畳(15~30m²)

ちなみに、50Hz/60Hzは電気の周波数です。

地域によってことなり、

  • 東日本は、50Hz
  • 西日本は、60Hz

の地域となっています。

詳しくは、こちらのマップがわかりやすいです↓

※シャープ公式サイト

本体のサイズが大きい分、CV-P71の方が若干適応面積が広めですね。

リビングなど広い空間でメイン使いする場合は

CV-P71の方がいいですね。

違い⑤衣類乾燥時間(約2kg)

CV-P60CV-P71
衣類乾燥時間約99分(梅雨時)
約109分(冬季)
約180分
ぽーちゃん
ぽーちゃん

乾くスピードは結構大きく違うので、注目だよ!

部屋干しで使用する場合、

CV-P60の方が真下からの乾燥で効率が良く、1時間以上も早く乾きます

できるだけ使用時間を少なく、早く乾かしたい!

という人にはCV-P60がいいかも。

違い⑥連続排水の不可

CV-P60CV-P71
連続排水×


CV-P71は、市販のホースを繋ぐことで連続排水が可能です。

連続排水を活用すれば、タンクの水を捨てる手間がなく、長時間運転ができます。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ただし、お風呂場やシンクなど、水を常に流せる場所でしか使えないよ~

脱衣所で主に使うという方にはいいね。

違い⑦内部乾燥の不可

CV-P60CV-P71
内部乾燥×

CV-P71は「衣類消臭(弱)」を「2時間切」にタイマー設定することで、

本体の内部に残った水分を乾燥する内部乾燥ができます。

CV-P60には、内部乾燥機能はありません。

水滴が残らないよう内部を乾燥してくれれば、カビの繁殖も抑え清潔に保つことができますよね。

お手入れの手間が省けるのは、内部乾燥機能があるCV-P71に軍配が上がりそうです。

違い⑧使用可能温度

CV-P60CV-P71
使用可能温度1~38℃4~38℃

正直、そこまで気にする必要はありませんが、冬の寒さにも強いデシカント式のCV-P60の方が

より低温の環境でも使うことができますね。

使用可能温度より低かったり、高かったりする場合には、除湿せず、送風運転になります。

▼デシカント式で年中パワフル!洗濯物真下から効率よく乾かすCV-P60

▼コンプレッサー式で電気代が安い!床やマットのにおい対策にも◎CV-P71

CV-P60とCV-P71、電気代が安いのはどっち?シャープ衣類乾燥除湿機

電気代は、コンプレッサー式の「CV-P71」の方が圧倒的に安いです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

衣類乾燥で使用する場合、約2倍近く違いがあるよ。

《CV-P60》

CV-P60CV-P71
衣類乾燥時
60分使用時
約14~15円約4.7~5.1円
2㎏分の衣類乾燥
1回分
梅雨(99分)
約23~25円

冬季(109分)
約25~28円
約14円
2㎏分の衣類乾燥
1回×1か月
梅雨(99分)
約690~750円

冬季(109分)
約750~840円
420円
※1kWh/27円で計算※電力会社、使用状況によっても変動します

とにかく、電気代を節約したい~!という人は

圧倒的にコンプレッサー式のCV-P71がおすすめです。

▼デシカント式で年中パワフル!洗濯物真下から効率よく乾かすCV-P60

▼コンプレッサー式で電気代が安い!床やマットのにおい対策にも◎CV-P71

シャープCV-P60とCV-P71の共通する特長は?

シャープ衣類乾燥除湿機CV-P60とCV-P71の違いをまとめてきましたが、

どちらもシャープのメーカーということでの共通の特長は次の5点です。

  1. プラズマクラスター7000搭載
  2. 洗いにくい衣類も消臭できる
  3. タイマー機能搭載
  4. チャイルドロック機能搭載
  5. ホコリブロックプレフィルター

ひとつひとつ説明していきます。

共通①プラズマクラスター7000搭載


シャープ独自のプラズマクラスター7000(7,000個/cm3)が搭載され、部屋干し特有の嫌なニオイが軽減します。

プラズマクラスターの効果として、

生乾き臭だけでなく、

空気中に浮遊しているカビ菌・花粉の対策、衣類に付着したタバコ臭・汗臭の消臭にも効果を発揮するので

除湿するだけでなく、+αの効果もほしいという人にはピッタリですね♪

共通②洗いにくい衣類も消臭できる

「衣類消臭」モードで、プラズマクラスターイオンだけを発生させ、湿度を下げることなく消臭や空気浄化ができます。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

洗いにくいコートやスーツなどの消臭もバッチリ◎

CV-P71の場合、ルーバーの向きが調節できるので、ソファーやカーペットにも使用できます。

共通③タイマー機能搭載

2・4・6時間のOFFタイマー設定ができ、外出時や就寝時でも安心です。

「切タイマー」ボタンを押すたびに設定時間が変わり、該当する時間に表示ランプが点灯します。

共通④チャイルドロック機能搭載

CV-P60は「切タイマー」ボタン、

CV-P71は「チャイルドロック」ボタンを3秒以上長押しすることで、

チャイルドロックの設定や解除ができます。

小さいお子様のイタズラや誤作動防止として安心ですね(^^)

共通⑤ホコリブロックプレフィルター

CV-P60は背面の下部に、

CV-P71は背面に

吸気口があり、フィルターがついています。

このフィルターにより、大きなホコリをブロック!本体内部にホコリが溜まりにくくなっています。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

フィルターのお手入れは、掃除機で吸い取るだけでOKだよ♪

▼デシカント式で年中パワフル!洗濯物真下から効率よく乾かすCV-P60

▼コンプレッサー式で電気代が安い!床やマットのにおい対策にも◎CV-P71

シャープCV-P60衣類乾燥機がオススメな人


CV-P60は、次のような方にオススメです!

  • 部屋干しするスペースが狭い
  • なるべく早く短時間で乾かしたい
  • 部屋干しが多く、一年中使用する

ラックの下に入り、洗濯物の真下から効率よく乾かせるため、早く乾かす事ができます。

また、1年を通して加湿力が落ちないのもポイントです☆

ただ、ヒーターを使用するデシカント式のため、コンプレッサー式よりも電気代がかかり、お部屋の温度が上がるのがデメリットでもあります。

詳しい口コミや特徴はこちらの記事にまとめています↓

>>シャープ衣類乾燥除湿機【CV-P60】の口コミや機能は?の記事を読む

シャープCV-P71衣類乾燥機がオススメな人


CV-P71は、次のような方にオススメです!

  • 水を捨てるの手間を少しで減らしたい
  • 電気代を抑えたい
  • 衣類だけでなく、カーペットやソファー、床下にも使いたい
  • 梅雨時期や夏場をメインに使用する

排水方法(排水タンクor連続排水)が選べ、ルーバーの向きが調節できるので、

ソファーやカーペット、マットなどを敷いたままでも消臭&菌の抑制が可能です。

また、コンプレッサー式で電気代が安いのもポイントです☆

ただ、室温が低くなる冬場には除湿力が低下します。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

夏・梅雨メインで、部屋干しだけじゃなく幅広く使いたいなら、こっちのタイプ!

CV-P71の詳しい口コミや特徴についてのこちらにまとめていますので読んでみてくださいね↓

>>シャープ衣類乾燥除湿機のCV-P71の口コミや機能についての記事を読む

▼電気代が安く、カーペットやソファの消臭にも◎CV-P71

シャープCV-P60とCV-P71の違いを比較!まとめ

衣類乾燥メインの使用・1年を通して使用したい方は「CV-P60」

梅雨時期や夏に使用・ソファーやカーペットなどにも使用したい方は「CV-P71」

が適しています。

どちらも便利な衣類乾燥除湿機ですが、個人的には「CV-P71の方がオススメです!

  • 電気代がCV-P60よりも圧倒的に安い
  • カーペットやソファーにも使用できる

というのが魅力的だな~と思いました☆

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ペットを飼っている人は、ソファや床マットの臭い対策にもなるね。

冬場には弱いですが、CV-P60にはない「連続排水」「内部乾燥」「ハンドル」があるのも私的には便利だな~と感じました(^^)

CV-P60とCV-P71共通でいえることですが、

除湿機は衣類乾燥だけではなく、浴室やクローゼットのカビ対策、窓の結露対策としても有効です。

「使用目的」「電気代」「サイズ感」「除湿力」など、なにを優先するかにもよりますが、自分の家や生活スタイルに合った除湿機を選んでくださいね(^^)

▼デシカント式で年中パワフル!洗濯物真下から効率よく乾かすCV-P60

▼コンプレッサー式で電気代が安い!床やマットのにおい対策にも◎CV-P71

コメント

タイトルとURLをコピーしました