KN-HW16FとKN-HW16Eの違いは?徹底比較。ホットクックのオススメはどっち?

KN-HW16FヘルシオホットクックKN-HW16FとKN-HW16Eの違いは?比較 生活家電

シャープのヘルシオホットクックのKN-HW16FとKN-HW16E。2つとも、口コミ評価の高い人気の電気調理鍋ですが、

機能や特長がどう違うのか?どちらがオススメか?迷う人も多いです。

ここでは、ホットクックKN-HW16FとKN-HW16Eの違いを徹底的に比較しています。

結論から言うと、違いは7つ!

  1. 発売時期
  2. 価格
  3. 内鍋素材
  4. 蒸し調理の付属品
  5. 保存専用ふたの有無
  6. 低温調理のしやすさ
  7. メニュー数

ここでは、1つ1つ詳しく違いについてまとめているので、比較検討に活用いただければと思います。

このほか、

  • ホットクックのKN-HW16FとKN-HW16Eの共通する特長・機能
  • KN-HW16Fがオススメの人
  • KN-HW16Eがオススメの人

についても書いています。

ホットクックを購入したいけど、どっちを買うべきか悩む!!

という方の、参考になれば嬉しいです。

KN-HW16F(2020)フッ素加工でお手入れラクチン▼

KN-HW16E(2019)機能は十分!少しでも安

KN-HW16FとKN-HW16E、2種ヘルシオホットクックの違いを比較

ヘルシオホットクックKN-HW16FとKN-HW16Eの違いは、大きく7つ挙げられます。

  1. 発売時期
  2. 価格
  3. 内鍋素材
  4. 蒸し調理の付属品
  5. 保存専用ふたの付属品
  6. 手軽な低温調理法
  7. メニュー数

違いをざっくり表にまとめています▼

KN-HW16FKN-HW16E
発売時期2020年2019年
価格43000円40383円
内鍋素材フッ素加工ステンレス
蒸し調理の付属品蒸しトレイ蒸し皿
保存専用フタの
付属品
×
低温調理のしやすさ×
内蔵メニュー数自動:130
手動:12
自動:126
手動:19

価格は、楽天市場の最安値参照(2021年7月時点)。店舗により幅あり

1つ1つ詳しく比較してみましょう。

違い①発売時期

ヘルシオホットクックKN-HW16FとKN-HW16Eは、発売した時期が異なります。

KN-HW16に続く(F)と(E)の違いは、発売時期の違いによるものです。

  • KN-HW16F:2020年モデル
  • KN-HW16E:2019年モデル
ぽーちゃん
ぽーちゃん

KN-HW16Fの方が新型、KN-HW16Eは旧型ということだね!

新型と旧型ではあるものの、機能や操作方法はほぼ同じです。

違い②価格

ヘルシオホットクックKN-HW16FとKN-HW16Eの価格の違いは約3000円ほど。

注:2021年7月時の価格引用。店舗により価格差あり

ぽーちゃん
ぽーちゃん

価格の差はそれほど大きくないんだね?と思った人も多いかもしれないね。

楽天市場のショップによっても価格差があるので、しっかりリサーチして安いところで買った方がお得です。

ちなみに楽天市場の評価レビューも比較してみましたが、

KN-HW16FとKN-HW16Eどちらも評価5の満点に近い満足度を獲得しています。

違い③内鍋素材

KN-HW16FとKN-HW16Eでは、内鍋の素材が異なります。

  • KN-HW16F(2020モデル):フッ素加工
  • KN-HW16E(2019モデル):ステンレス

ステンレスの鍋の場合、作るものによってはこびりつきやすいことがあります。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

スポンジケーキをホットクックで作る際も、ステンレスだとバターが多めに必要だよ

一方、フッ素加工の場合は、油が少なくてもこびりつきにくく、調理後のお手入れも格段に楽です。

お手入れのしやすさ、フッ素加工の利便性に魅力を感じる方は、

KN-HW16Fの方がオススメです。

フッ素加工だと、経年劣化で剥がれが心配な方もいるかもしれません。ホットクックのフッ素加工の内鍋は、別途購入なので取り換え可能です。※別途11000円

KN-HW16Eを買ったけど、やっぱりフッ素加工の鍋がいい!という場合も、フッ素加工の内鍋を別途購入して使うこともできます。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

ステンレスの鍋は、材料がくっつきやすく、どうしても油の量が多くなりがちだよね。使いやすさ、ヘルシーさでみるとフッ素加工の方がオススメ!

違い④蒸し調理の付属品

KN-HW16FとKN-HW16Eでは、蒸し調理をするための付属品が異なります。

  • KN-HW16F(2020モデル):蒸しトレイ
  • KN-HW16E(2019モデル):蒸し

KN-HW16Eは、お皿のように平らな蒸し板でしたが、KN-HW16Fでは、深さのある器型の蒸しトレイに改良されていますね。

器型のトレイの方が、野菜をまとめて蒸す時(さつまいもやトウモロコシ等)、シュウマイを蒸す時も、こぼさないで取り出しやすくなりました。

違い⑤保存専用ふたの付属品

  • KN-HW16F(2020モデル):保存専用ふたなし
  • KN-HW16E(2019モデル):保存専用ふたあり

KN-HW16E(2019モデル)には、保存専用ふたが付属品としてついています。

引用元:シャープ公式
ぽーちゃん
ぽーちゃん

内鍋に蓋をしてそのまま冷蔵庫で保存できるようになってるよ!

ホットクックで調理したものをいったん、冷蔵庫で鍋ごと保管し

食べる時にホットクックで温め直しをすることもできます。

違い⑥低温調理のしやすさ

KN-HW16Eと比べて、KN-HW16Fでは、より本格的な低温調理の自動メニューが増え、手軽に作れるようになりました。

KN-HW16Fで新たに追加した自動低温調理メニュー

  • ローストビーフ
  • サラダチキン
  • ローストポーク
ぽーちゃん
ぽーちゃん

KN-HW16Eでこれらを作るときは、手動で設定が必要だよ!

KN-HW16F(2020モデル)は付属の蒸しトレイを使用して、ジッパーに入れた食材の低温調理が気軽にできます。

手順は

①食材をジッパー付き食品保存袋に入れる

②内鍋に入れて、水を注ぐ

③上から蒸しトレイをのせて、低温調理メニューをセット

ぽーちゃん
ぽーちゃん

蒸しトレイを重しとして使って、ジッパーの袋の浮き上がりを防ぐよ。

ただ、KN-HW16Eは本格的な低温調理ができないわけではありません。

ジッパーに食材を入れて、重しをのせれば、同じように本格的なローストビーフはつくれます。

このツイートの方は耐熱容器を載せて、低温調理されていますね▼自動メニューに低温調理レシピが少ないので、手動で設定する必要はあります。

違い⑦メニュー数

KN-HW16FとKN-HW16Eでは、内蔵レシピ数が異なります。

  • KN-HW16F(2020モデル):自動メニュー130・手動メニュー12
  • KN-HW16E(2019モデル):自動メニュー126・手動メニュー19

は内鍋がフッ素加工になったことにより、焼き物調理のメニューが追加されています。

低温調理の定番メニューも新たに追加です。

KN-HW16Fに追加された自動メニュー

  • オーブンオムレツ
  • じゃがいものガレット
  • ローストビーフ
  • ローストポーク
  • サラダチキン

一方、手動メニューに関してはKN-HW16Eの方が充実しています。

手動メニューは、煮物を作る・炒める・蒸す・ゆでるといった調理法と操作時間を手動で設定して調理する方法です。

手動メニュー数は、付属のホットクックレシピに掲載されている手動で作るレシピ数の数です。

つまり、手動でつくるレシピはKN-HW16Eが多めに掲載されているということ。

KN-HW16FKN-HW16Eどちらも

手動で設定すれば同じように作ることができ、

手動用レシピは、ネットやアプリで調べることができるので、気にする必要はないでしょう。

KN-HW16F(2020)フッ素加工でお手入れラクチン▼

KN-HW16E(2019)機能は十分!少しでも安

KN-HW16FとKN-HW16Eの共通する機能や特長は?

仕様スペックはほぼ同じ

KN-HW16FとKN-HW16Eの基本的なスペックはほぼ同じです。(若干KN-HW16Eの方が重いくらい)

KN-HW16F
2020モデル
KN-HW16E
2019モデル
カラーレッド・ホワイトレッド・ホワイト
電源交流100V
50-60Hz使用
交流100V
50-60Hz使用
定格消費電力600w600w
設定温度35℃~90℃35℃~90℃
定格容量1.6L1.6L
外寸サイズ(㎝)幅36.4×奥行28.3×高さ23.2幅36.4×奥行28.3×高さ23.2
重さ約5.2㎏約5.5㎏
電源コードの長さ約1.4m約1.4m
無線LAN接続
最大予約設定時間15時間15時間
保温最大12時間最大12時間

共通の機能や特長について

KN-HW16FとKN-HW16Eの共通する特長・機能は次に通り。

  1. シンプルな操作。大画面と音声でわかりやすい
  2. かきまぜや火加減を自動コントロールで美味しく仕上げる
  3. 様々な調理が1台で作れる。料理レパートリーが増える
  4. 予約調理OK!帰宅後アツアツ料理を食べれる
  5. 冷凍肉・魚をそのまま調理OK
  6. 無線LAN接続でレシピをダウンロードOK
  7. パーツの取り外し簡単でお手入れラクチン

ホットクックの口コミは、楽天市場・Amazon評価レビューをみてもかなり高評価です▼

特に、美味しさに関しては『感動する!』と絶賛する声が高く

KN-HW16FとKN-HW16Eとも美味しく仕上げるための仕組みや調理法は同じです。

作れる料理も同じ。

お手入れ方法もほぼ同じです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

KN-HW16Fで作れるけど、KN-HW16Eでは作れない!ということはないです。

ただ、フッ素加工鍋や、自動メニュー数によって『作りやすさ・手軽さ』は違ってくるね。

KN-HW16F(2020)フッ素加工でお手入れラクチン▼

KN-HW16E(2019)機能は十分!少しでも安

KN-HW16Fがオススメな人

KN-HW16F(2021モデル)がオススメな人はズバリ

  • ホットクックでお菓子・パンを作りたい
  • 鍋に材料がくっつくストレスはイヤ
  • 低温調理も手軽に作りたい
  • 蒸し料理もたくさん作りたい

KN-HW16F(2021モデル)の優れている部分は

  • フッ素加工の内鍋
  • 低温調理自動メニューの豊富さ&作りやすさ

にあります。

ステンレスの鍋の場合は、どうしてもお菓子作りの時に多めのバターや油が必要になりますし、せっかく焼いた生地がステンレスにくっつくのはプチストレスです。

ぽーちゃん
ぽーちゃん

洗うのも、フッ素加工の鍋に比べたら手間だよね

また、内蔵の自動メニューで手軽にローストビーフやサラダチキン・ローストポークを作れるのも大きなポイント!

難しいと思い込んでいたローストビーフも、ホットクックに放り込めば驚くほど美味しく仕上がり、ハマる人も多いです。

気軽に低温調理も使いたい!という人にもKN-HW16Fはおススメです。

KN-HW16Fを実際に購入した人の口コミ(メリットデメリット)はこちらの記事にまとめているので、気になる方はご覧ください▼

KN-HW16F(2020)フッ素加工でお手入れラクチン▼

KN-HW16Eがオススメな人

KN-HW16E(2019年モデル)がオススメな人は、こんな人です。

  • できる限り価格を抑えたい
  • ホットクックでお菓子作りはあまりしない(予定)
  • ホットクックで焼き物はあまりしない(予定)
  • 保存用のフタはあったほうが便利!
  • 低温調理を作る際は、手動設定で全然OK

KN-HW16E(2019年モデル)の優れいてる部分は

  • KN-HW16Fよりも多少価格は安い
  • 美味しく仕上げる機能は十分にある
  • ステンレス内鍋で、耐久性がある

という点です!

KN-HW16Fと比べて、仕上がりの美味しさに違いはありません。

また、フッ素加工の内鍋ではなく、ステンレスな分、フッ素の剥がれの心配は無用。耐久性には高いでしょう。

KN-HW16E(2019)機能は十分!少しでも安

KN-HW16FとKN-HW16E、2種ヘルシオホットクックの違いを比較!まとめ

ここでは、KN-HW16F(2020モデル)とKN-HW16E(2019モデル)の違いについてまとめました。

違いはこちら▼

KN-HW16FKN-HW16E
発売時期2020年2019年
価格43000円40383円
内鍋素材フッ素加工ステンレス
蒸し調理の付属品蒸しトレイ蒸し皿
保存専用フタの
付属品
×
低温調理のしやすさ×
内蔵メニュー数自動:130
手動:12
自動:126
手動:19

KN-HW16Fの方が、フッ素加工でお菓子・パン作りや炒め物もしやすくお手入れが楽ちんという利点があります。

また、ローストビーフやサラダチキン、ローストポークも自動メニューに内蔵されているので、ボタン1つで調理がラクラク。

一方でKN-HW16Eは、ステンレス鍋のため、フッ素の剥がれを気にせず耐久性はバッチリ。

KN-HW16Fと同じスペックを備えているので、仕上がりの美味しさや調理法のバリエーションはなんら変わりはなく充実しています。

多少価格も安いですね。

KN-HW16F(2020モデル)とKN-HW16E(2019モデル)どちらがいいか迷う!という際の、検討材料にしてみてくださいね!

KN-HW16F(2020)フッ素加工でお手入れラクチン▼

KN-HW16E(2019)機能は十分!少しでも安

生活家電
ニコをフォローする
毎日のあれこれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました